【DIY】ペットボトルのキャップと飲み口をつなげて作る防水小物入れ

公開日: [ 約2分で読めます ] EDC (Every Day Carry), アウトドア

pet-bottole-caps-container-1
Photo by Lifehacker

ペットボトルを捨てる前に

ペットボトルをちょっとだけ加工して小物を入れておくためのケースを作る方法を紹介します。

小さなケースでも買うと数百円したりして何個か必要な場合はさらに出費がかさみます。

そんな時に飲み終わったペットボトルのキャップと飲み口の部分を再利用して防水ケースが簡単に作れます。

防水小物入れの作り方

pet-bottole-caps-container-2
用意するものはペットボトル2本に2気室にするならプラスチックの板を用意します。

pet-bottole-caps-container-3
ペットボトルの先端をノコギリで切断します。500mlでも1.5Lでも2Lでも容量に関わらず先端の形は同じだと思うので、ペットボトルは同じものを用意する必要はありません。

pet-bottole-caps-container-4
切り口を滑らかにしきちんと接着するようにヤスリがけするとよいでしょう。

pet-bottole-caps-container-5
2気室にするばあいはペットボトルの間に直径にあわせてカットしたプラスチックの板を挟みます。板を挟まずペットボトルを直づけするとひとつの入れ物になります。

pet-bottole-caps-container-6
エポキシ樹脂系接着剤などで強力に接着します。あとは固定して接着剤を乾燥させれば完成です。

pet-bottole-caps-container-7
隙間無く接着できていれば水に落としても中身が濡れることなく軽いので浮き上がります。キャップも元が液体を入れるための容器なので防水性は抜群です。

最初はゴミでDIYする

もともと飲み物が入っていた容器なので清潔ですし、原価もゴミに出すものを再利用しているので少量の接着剤があればひとつ出来上がります。

ペットボトルキャップの色は何種類もあるので好きな色で作ったり、マルチカラーにしたりなど自分だけの小物入れを作ると面白そうですね。

DIYの経験があまり無いならわざわざDIYのために材料を買うよりも、最初は捨てるだけのゴミを再利用して作るのが無駄がなくておすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

ユースキンAは、かかとの乾燥・ひび割れケアに最適な保湿クリーム

身近にある最上クラスの保湿クリーム 湿度が下がり空気が乾燥してきて、かかとがカサカサに

記事を読む

スリングショット(パチンコ)の進化形 ポケットショット ペットボトルとゴム風船で自作も可能

via thepocketshot.com 狩猟の自由は誰にでもある スリングショッ

記事を読む

BiCライター フランス自国生産を守り抜く高品質な使い捨てライター

使い捨てライターと呼ぶには失礼な品質 私が持っている着火用具はライターをはじめマッチ・ファ

記事を読む

アウトドアブランドのロゴTシャツはデザインだけでなく機能面でも優れている

Photo by Outdoor Gangster 毎年のように耐え難い猛暑になる日本の夏

記事を読む

eBayで買った怪しげな中国直送ファイヤースターターの実力を検証する

以前Amazonで100円前後で売られているファイヤースターターの検証を行いましたが、今回はeB

記事を読む

とあるデザイナー兼企業家の持ち物やインテリアから人となりが見えてくる

他人の持ち物を見るのは楽しい 自分の持ち物をSNSなどにアップしてリアクションしてもらうのが好きだ

記事を読む

THERMAREST(サーマレスト) リッジレスト マットレスで場所を選ばず横になれる事のありがたみ

Photo by Michael Pollak 都会では横になることすらままならない

記事を読む

スウェーデン軍 カトラリーセット(ナイフ・フォーク・スプーン) 王冠マークが美しい

軍用品カラトリーの代表格 ミリタリーカラトリーで一番代表的なのがこのスウェーデン軍のカラト

記事を読む

スノーピークがマザーズ上場!アウトドアブームは今後も続くのか?

急成長している国産アウトドアブランド スノーピーク(snowpeak)は新潟県三条市に本社

記事を読む

CASIO(カシオ) WSD-F10 アウトドア向けのタフな高性能スマートウォッチ

CASIO(カシオ)の大本命となるスマートウォッチWSD-F10がついにお披露目されまし

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑