【DIY】ペットボトルのキャップと飲み口をつなげて作る防水小物入れ

公開日: [ 約2分で読めます ] EDC (Every Day Carry), アウトドア

pet-bottole-caps-container-1
Photo by Lifehacker

ペットボトルを捨てる前に

ペットボトルをちょっとだけ加工して小物を入れておくためのケースを作る方法を紹介します。

小さなケースでも買うと数百円したりして何個か必要な場合はさらに出費がかさみます。

そんな時に飲み終わったペットボトルのキャップと飲み口の部分を再利用して防水ケースが簡単に作れます。

防水小物入れの作り方

pet-bottole-caps-container-2
用意するものはペットボトル2本に2気室にするならプラスチックの板を用意します。

pet-bottole-caps-container-3
ペットボトルの先端をノコギリで切断します。500mlでも1.5Lでも2Lでも容量に関わらず先端の形は同じだと思うので、ペットボトルは同じものを用意する必要はありません。

pet-bottole-caps-container-4
切り口を滑らかにしきちんと接着するようにヤスリがけするとよいでしょう。

pet-bottole-caps-container-5
2気室にするばあいはペットボトルの間に直径にあわせてカットしたプラスチックの板を挟みます。板を挟まずペットボトルを直づけするとひとつの入れ物になります。

pet-bottole-caps-container-6
エポキシ樹脂系接着剤などで強力に接着します。あとは固定して接着剤を乾燥させれば完成です。

pet-bottole-caps-container-7
隙間無く接着できていれば水に落としても中身が濡れることなく軽いので浮き上がります。キャップも元が液体を入れるための容器なので防水性は抜群です。

最初はゴミでDIYする

もともと飲み物が入っていた容器なので清潔ですし、原価もゴミに出すものを再利用しているので少量の接着剤があればひとつ出来上がります。

ペットボトルキャップの色は何種類もあるので好きな色で作ったり、マルチカラーにしたりなど自分だけの小物入れを作ると面白そうですね。

DIYの経験があまり無いならわざわざDIYのために材料を買うよりも、最初は捨てるだけのゴミを再利用して作るのが無駄がなくておすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

低速度撮影(微速度撮影・タイムラプス)で撮影された美しい自然や都市の動画

日が昇る前に出かけたり日が暮れてから帰宅することの多い現代人は、ゆっくりと空を見上げる機会も減っ

記事を読む

藍染めの手ぬぐい 木綿のやさしい肌ざわりと吸水・速乾性に優れた日本の伝統工芸

私が普段からハンカチ代わりに持ち歩いているのが藍染めの手ぬぐいです。 手ぬぐいは柄も豊富な

記事を読む

EDC (Every Day Carry)とは何か

Photo by Mike Petrucci 日常的に肌身離さず持ち歩くもの 簡単に表現する

記事を読む

CASIO(カシオ) WSD-F10 アウトドア向けのタフな高性能スマートウォッチ

CASIO(カシオ)の大本命となるスマートウォッチWSD-F10がついにお披露目されまし

記事を読む

ビクトリノックス(Victorinox) ランブラーとクラシックALの違い

持ち歩くのに最適なサイズ 私はナイフマニアでもビクトリノックスマニアでもありませんが、ビク

記事を読む

Scrubba(スクラバ) Wash Bag 世界最小で軽量・コンパクトな携帯できる洗濯袋

via Bless This Stuff Scrubba(スクラバ) Wash Bagは旅行先

記事を読む

レンガブロックを積み上げるだけの簡易ロケットストーブの作り方

ロケットストーブといえば燃焼効率の良くシンプルな構造なので、ペール缶などを加工して自作できること

記事を読む

東京都西多摩郡の魅力 首都にある自然豊かな田舎の風景

Photo by Guilhem Vellut 東京都の西側に位置する西多摩郡は瑞穂町(み

記事を読む

【ヒロシです】自虐系お笑い芸人ヒロシさん、本格的なキャンプをするYouTuberに変貌していた

Photo by youtube.com かつて『ヒロシです』ネタで一世を風靡したお笑い芸

記事を読む

寒くなってきたので、今年もハクキンカイロに燃料を入れ使い始めた

寒い季節の主戦力となるか 今日は気温が昼になっても上がらず寒さを感じる日になりました。

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑