手動の鉛筆削りで枝をガリガリ削って作った火口に着火させる

公開日: [ 約2分で読めます ] アウトドア, サバイバル

pencil-sharpener-make-tinder-1
鉛筆削りといえば電動のものから手動でハンドルを回して削るもの、それから子供のころよく使った指先に持って鉛筆を回りて削るタイプなどいろいろ種類があります。

鉛筆の削りカスというものは使い道がないのでゴミとして捨ててしまいますが、アウトドアの観点から見ると非常に着火しやすい火口としての価値があります。

発想の転換で普段捨ててしまう削りかすを生成するために手動の鉛筆削りを利用する動画を発見しました。

枝を削るといっても普通の鉛筆削りでは小枝くらいは入るでしょうが、そこそこ太い枝は削るどころか穴に入りません。

動画ではC.H.HANSONのペンシルシャープナーで人差し指ほどの太さの枝をガリガリと削って火口を作っています。

この鉛筆削りは通常の鉛筆だけでなく、大工用鉛筆やクレヨンなども削ることができます。

これだけ穴が大きいと枝を入れて皮ごと削り取ることが可能なようです。

後は鉛筆を削る感覚で枝を回していけば、即席で火口を作ることが出来ます。

pencil-sharpener-make-tinder-2
ただ火口を持って行った方が手間がかからず楽なのはたしかです。

また鉛筆削りでなくともナイフで枝を削ればそれなりに薄く削れます。

メリットとしては乾燥した枝があれば無制限に火口を量産できること。

削りカス自体がナイフで削るよりも薄くて着火しやすそうなこと。

ナイフを持ち歩きたくない場合でも即席で火口を作れること。

以上のようなことが考えられます。

pencil-sharpener-make-tinder-3
動画ではファイヤースターターを使って簡単に着火させることに成功しました。

紙のように薄く削られた木材なので当然といえば当然ですが。

そもそも鉛筆を握る機会が少なくなった昨今において、まさかアウトドアで手動の鉛筆削りが役立つとは思いませんでした。

手動の鉛筆削りはカッターやナイフで削るのと同様に、鉛筆を削る楽しさを教えてくれます。

あと削って尖らせた枝の方はペグの代わりとして使えそうですね。

安すぎるマグネシウムファイヤースターター 火打石の実力を検証する

pencil-sharpener-make-tinder-4


C.H.HANSON★カーペンター・ペンシルシャープナー・鉛筆削り

スポンサーリンク

関連記事

UCO(ユーコ) ストームプルーフマッチ 消す方法を逆に知りたい全天候型マッチ

着火道具といえばライターやチャッカマン、原始的なものだと火打ち石やそれを発展させたファイヤースタ

記事を読む

Rite in the Rain(ライトインザレイン) 水に濡れても破けず書ける全天候型の防水ノートブック

近年デジタル化の流れで紙に鉛筆やペンで字を書く機会が減りました。 特に学生時代ならまだしも

記事を読む

【映画】マッドマックス 怒りのデス・ロードで主人公が着けているパラコードブレスレットの作り方

via madmaxmovies.com 2015年に公開され世界中で大ヒットを記録したハ

記事を読む

ストローを加工して極小の防水ケースが簡単に作れる

用意するもの ストロー 普通のストローでも十分ですが、直径が太いほどより多くのモノを入れ

記事を読む

THERMAREST(サーマレスト) リッジレスト マットレスで場所を選ばず横になれる事のありがたみ

Photo by Michael Pollak 都会では横になることすらままならない

記事を読む

キャンプを題材にしたノスタルジックな絵画アートやイラスト10選

野外で生活道具を持ち込んでキャンプするという非日常的な行為は、自然と人間との距離が極めて近くアートの

記事を読む

肥後守(ひごのかみ) 青紙割込 かつて子供の相棒だった国産折りたたみナイフが風前の灯火

Photo by Folding Knife Online Store 今は海外の多種多様

記事を読む

CASIO(カシオ) WSD-F10 アウトドア向けのタフな高性能スマートウォッチ

CASIO(カシオ)の大本命となるスマートウォッチWSD-F10がついにお披露目されまし

記事を読む

【神薬】ボトルディギング(瓶掘り) レトロガラス瓶を収集する現代のトレジャーハンティング

世の中にはあまり知られていないボトルディギングという聞きなれない言葉があります。 和訳する

記事を読む

何もない場所に自然の素材だけで瓦屋根の小屋を造り出す技術

突然見知らぬ森の中に放り出された人間がサバイバルするためにまず確保しなければならないのは雨風

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑