手動の鉛筆削りで枝をガリガリ削って作った火口に着火させる

公開日: [ 約2分で読めます ] アウトドア, サバイバル

pencil-sharpener-make-tinder-1
鉛筆削りといえば電動のものから手動でハンドルを回して削るもの、それから子供のころよく使った指先に持って鉛筆を回りて削るタイプなどいろいろ種類があります。

鉛筆の削りカスというものは使い道がないのでゴミとして捨ててしまいますが、アウトドアの観点から見ると非常に着火しやすい火口としての価値があります。

発想の転換で普段捨ててしまう削りかすを生成するために手動の鉛筆削りを利用する動画を発見しました。

枝を削るといっても普通の鉛筆削りでは小枝くらいは入るでしょうが、そこそこ太い枝は削るどころか穴に入りません。

動画ではC.H.HANSONのペンシルシャープナーで人差し指ほどの太さの枝をガリガリと削って火口を作っています。

この鉛筆削りは通常の鉛筆だけでなく、大工用鉛筆やクレヨンなども削ることができます。

これだけ穴が大きいと枝を入れて皮ごと削り取ることが可能なようです。

後は鉛筆を削る感覚で枝を回していけば、即席で火口を作ることが出来ます。

pencil-sharpener-make-tinder-2
ただ火口を持って行った方が手間がかからず楽なのはたしかです。

また鉛筆削りでなくともナイフで枝を削ればそれなりに薄く削れます。

メリットとしては乾燥した枝があれば無制限に火口を量産できること。

削りカス自体がナイフで削るよりも薄くて着火しやすそうなこと。

ナイフを持ち歩きたくない場合でも即席で火口を作れること。

以上のようなことが考えられます。

pencil-sharpener-make-tinder-3
動画ではファイヤースターターを使って簡単に着火させることに成功しました。

紙のように薄く削られた木材なので当然といえば当然ですが。

そもそも鉛筆を握る機会が少なくなった昨今において、まさかアウトドアで手動の鉛筆削りが役立つとは思いませんでした。

手動の鉛筆削りはカッターやナイフで削るのと同様に、鉛筆を削る楽しさを教えてくれます。

あと削って尖らせた枝の方はペグの代わりとして使えそうですね。

安すぎるマグネシウムファイヤースターター 火打石の実力を検証する

pencil-sharpener-make-tinder-4


C.H.HANSON★カーペンター・ペンシルシャープナー・鉛筆削り

スポンサーリンク

関連記事

死体が転がる訳ありな無人島で地味にサバイバル生活する Better Late Than DEAD

Better Late Than DEADは2015年7月23日にSteamからアーリーアク

記事を読む

シンプルライフやミニマリストなどのキーワードから今後成長する分野なのか予測する

キーワードから大きな流れを読み取る 記事を書き続けるにあたり日々しっかりと記事を書くことはもち

記事を読む

STEEP(スティープ) アルプスやアラスカの雪山が舞台のオープンワールドなエクストリームスポーツゲーム

STEEP(スティープ)は世界最大規模のゲーム開発スタジオUbisoftが新たに制作して

記事を読む

Bushcraft(ブッシュクラフト)とは何か? 現代人が忘れていた自然の中で生活していく知恵

普通に生活しているなかでBushcraft(ブッシュクラフト)という単語を耳にすることは少ないで

記事を読む

アメリカの雄大な自然の中でのんびり釣りできるフィッシングシミュレーター Fishing Planet

基本無料でプレイできる釣りゲームFishing Planetが先月リリースされ、まずまず

記事を読む

UCO キャンドルランタン ブラス 酸化皮膜で黒ずんだ真鍮の味わい

真鍮の魅力 真鍮で作られた製品は時間の経過によって表面が酸化し見た目が黒ずんできます。この化学

記事を読む

アウトドア系YouTuber(ユーチューバー)の動画を見て感動したり知識を深める

Youtubeに動画投稿をして有名になった人をYouTuber(ユーチューバー)と称して人気にな

記事を読む

息を呑むほど美しい自然と映画に魅せられた青年が撮影した映像作品 Story of a Nomad

Story of a Nomad from Wolfram Arents on Vimeo.

記事を読む

ポリウレタン(PU樹脂)素材の呪縛から解放される方法

Photo by Jamie ポリウレタンは1950年代以降さまざまな工業製品に用いられ、

記事を読む

ロバ

シンプリスト・ミニマリスト・サバイバリストを動物に例えると特性が明確になる

シンプリストを動物に例えるとロバ ロバは小柄だが、力強く小回りも利き頭もよい。サラブレッドより

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑