手動の鉛筆削りで枝をガリガリ削って作った火口に着火させる

公開日: [ 約2分で読めます ] アウトドア, サバイバル

pencil-sharpener-make-tinder-1
鉛筆削りといえば電動のものから手動でハンドルを回して削るもの、それから子供のころよく使った指先に持って鉛筆を回りて削るタイプなどいろいろ種類があります。

鉛筆の削りカスというものは使い道がないのでゴミとして捨ててしまいますが、アウトドアの観点から見ると非常に着火しやすい火口としての価値があります。

発想の転換で普段捨ててしまう削りかすを生成するために手動の鉛筆削りを利用する動画を発見しました。

枝を削るといっても普通の鉛筆削りでは小枝くらいは入るでしょうが、そこそこ太い枝は削るどころか穴に入りません。

動画ではC.H.HANSONのペンシルシャープナーで人差し指ほどの太さの枝をガリガリと削って火口を作っています。

この鉛筆削りは通常の鉛筆だけでなく、大工用鉛筆やクレヨンなども削ることができます。

これだけ穴が大きいと枝を入れて皮ごと削り取ることが可能なようです。

後は鉛筆を削る感覚で枝を回していけば、即席で火口を作ることが出来ます。

pencil-sharpener-make-tinder-2
ただ火口を持って行った方が手間がかからず楽なのはたしかです。

また鉛筆削りでなくともナイフで枝を削ればそれなりに薄く削れます。

メリットとしては乾燥した枝があれば無制限に火口を量産できること。

削りカス自体がナイフで削るよりも薄くて着火しやすそうなこと。

ナイフを持ち歩きたくない場合でも即席で火口を作れること。

以上のようなことが考えられます。

pencil-sharpener-make-tinder-3
動画ではファイヤースターターを使って簡単に着火させることに成功しました。

紙のように薄く削られた木材なので当然といえば当然ですが。

そもそも鉛筆を握る機会が少なくなった昨今において、まさかアウトドアで手動の鉛筆削りが役立つとは思いませんでした。

手動の鉛筆削りはカッターやナイフで削るのと同様に、鉛筆を削る楽しさを教えてくれます。

あと削って尖らせた枝の方はペグの代わりとして使えそうですね。

安すぎるマグネシウムファイヤースターター 火打石の実力を検証する

pencil-sharpener-make-tinder-4


C.H.HANSON★カーペンター・ペンシルシャープナー・鉛筆削り

スポンサーリンク

関連記事

Foot Rubz(フットラブズ) アウトドアやスポーツ後のフットケア用に開発された足裏マッサージボール

足裏マッサージの決定版 Foot Rubz(フットラブズ)はアウトドアやスポーツなど足裏の筋肉

記事を読む

レモン1個でスチールウールを発火させ火起こしできる衝撃の事実が判明

サバイバルで焚き火をするにも火起こし道具を持っておらず、手持ちのレモン1個でどうにかする

記事を読む

Scrubba(スクラバ) Wash Bag 世界最小で軽量・コンパクトな携帯できる洗濯袋

via Bless This Stuff Scrubba(スクラバ) Wash Bagは旅行先

記事を読む

シュマグ(アフガンストール)の巻き方 過酷な環境で役立つ万能な綿織物

シュマグ(アフガンストール)といえば一般的には中東あたりの人が頭や首に巻きつけているイメージです

記事を読む

サバイバル環境

もし10個の持ち物だけでサバイバルすることになったら選ぶもの

現実的にはありえませんが、突然あなたが持って行くものを10個だけ選び、自然環境に放り出される

記事を読む

VARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブをグリルとして代用する裏技が発見される

携帯ウッドストーブの定番として長年売れ続けているVARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブで

記事を読む

低速度撮影(微速度撮影・タイムラプス)で撮影された美しい自然や都市の動画

日が昇る前に出かけたり日が暮れてから帰宅することの多い現代人は、ゆっくりと空を見上げる機会も減っ

記事を読む

ロバ

シンプリスト・ミニマリスト・サバイバリストを動物に例えると特性が明確になる

シンプリストを動物に例えるとロバ ロバは小柄だが、力強く小回りも利き頭もよい。サラブレッドより

記事を読む

北朝鮮から弾道ミサイルが発射され着弾するまでの数分間に何が出来るか?

Photo by Stefan Krasowski 最近急激にきな臭くなってきた朝鮮半島情

記事を読む

Bushcraft(ブッシュクラフト)とは何か? 現代人が忘れていた自然の中で生活していく知恵

普通に生活しているなかでBushcraft(ブッシュクラフト)という単語を耳にすることは少ないで

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑