アウトドアブランドのロゴTシャツはデザインだけでなく機能面でも優れている

公開日: 最終更新日:2017/04/03 [ 約5分で読めます ] アウトドア, ファッション

outdoor-brand-tshirts
Photo by Outdoor Gangster

毎年のように耐え難い猛暑になる日本の夏ですが、高温多湿に加え吹き出す汗により濡れるので綿100%のTシャツでも不快に感じる時もあります。

こうした過ごしにくい季節には綿100%ではなく、化学繊維が含まれたものやポリエステル100%など吸汗性と速乾性に優れた衣類を身につけることで不快感が軽減されます。

これに該当するのは運動するために開発されたスポーツウェアアウトドアウェアなどでしょう。

しかしスポーツウェアの場合はうまく取り入れるとお手軽スポーツMixの出来上がりなのですが、スポーツウェアブランドはアパレルとガチなスポーツウェアが分かれていることが多く、ガチな方を普段のファッションに取り入れるのは難易度が高くなります。


[アディダス オリジナルス]トレフォイル Tシャツ

例えばこれはアディダス定番のトレフォイル(三つ葉)Tシャツですが、アディダスの歴史あるロゴで他のスポーツ向けロゴよりも人気があり、アパレルのオリジナルスで使われています。

ファッションを意識した作りなので着心地のよい綿100%ですが、これで夏に動きまわると汗でビショ濡れになります。


【公式】adidas アディダス 叶衣 ベーシック 半袖Tシャツ

一方ガチなスポーツウェアはもちろんポリエステル100%で、街着として着こなすのはなかなか難しいです。

これは特に派手な色ということもありますが、作り自体もかなり違うのでうっかり着て行くとランニングする人に見えます。

それに対してアウトドアウェアというのは、現地で寝泊まりしたり生活することも含めてデザインされているので、機能性はもちろん見た目も損なわないTシャツが作られています。

本来は見た目なんて二の次で機能性が第一ですが、よりブランドイメージを向上させるべくデザインにも気を配った製品が増えてきました。

そして2016年にユニクロのUTが100年以上続く歴史ある企業とのコラボレーション企画『ザ・ブランズ』を実施したり、Lee(リー)Levi’s(リーバイス)などのワーク系のロゴTシャツがプッシュされたりと、ロゴTシャツを堂々と着てみようという流れがあります。

Festival style, to a tee. #LadiesInLevis

Levi's®さん(@levis)が投稿した写真 –

こうした前提を踏まえたうえで、すべてのいいとこ取りをしているのが、アウトドアブランドのロゴTシャツというわけです。

街着にするのに抵抗がある場合は部屋着としても優秀なので、好きなアウトドアブランドのロゴを身につけて企業を応援しましょう(笑)

代表的なアウトドアブランドのロゴTシャツ

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)


ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)Tシャツ

こちらはポリエステル65%・綿35%ですが、似たようなデザインで綿100%のもあるので要注意。ノースフェイスのロゴは改めて見るとカッコイイですね。

MAMMUT(マムート)


MAMMUT(マムート) プロモTシャツ

綿60%・ポリエステル40%で肌触りの良いTシャツ。マンモス印でおなじみのマムートですが、ロゴが若干アレンジされてたり、肩の部分に刺繍が入っていたりと凝った作りです。

MILLET(ミレー)


(ミレー)Millet M-SCAPE TS SS

フランスのブランドのミレーはどうでしょうか。ドライナミック™ クイックドライ ポリエステル 100%という自社開発の素材が使われています。これまで多くのアルピニストたちをサポートしてきた実績があります。

patagonia(パタゴニア)


(パタゴニア)patagonia M’s Patagonia Legacy Label Cotton/Poly T-Shirt

オーガニックコットン50%・消費者から回収されたリサイクル・ポリエステル50%で環境にもやさしい。元からデザイン性の高いブランドなのでTシャツのデザインも豊富です。

HAGLOFS(ホグロフス)


(ホグロフス)HAGLOFS RIDGE II TEE

ポリエステル100%だとテカテカして見えるのもあるので、街着にするTシャツは選ぶ必要がありますね。

Columbia(コロンビア)


(コロンビア)Columbia アーバンハイクTシャツ

本格的なアウトドアウェアは作っていないカジュアルアウトドアブランドですが、街着にはこのくらいの機能性で十分なのかもしれません。コットンライクジャージィ(ポリエステル100%)という素材で多少肌触りが良いのでしょうか。

Marmot(マーモット)


(マーモット)Marmot 登山 ウェア 半袖シャツ

もろにポリエステル100%のメッシュ素材なので街着に対応できるのかわかりませんが、うまく取り入れると汗をかいてもすぐにサラッと乾いて快適な夏を過ごせそうです。

まとめ

アウトドアブランドのロゴTシャツを紹介すると意気込んで記事にしてみたものの、実際に使えそうなのはそれほど多くはありませんでした。

ざっと調べただけなので調査不足なだけかもしれませんが、一般的な天竺編み(平編み)で綿100%のTシャツはアパレルという認識です。

アウトドアブランドであってもTシャツはやはり着心地を考えて綿100%だったり、逆に完全な登山向けメーカーはデザインもガチ寄りになっていたりとデザイン云々ではありませんでした。

アウトドア全般に手広く商品展開しているようなブランドが、ほどよいバランスで成立している感じです。

スポンサーリンク

関連記事

ダウンジャケットを補修シートでリペアしたら意外と悪くない仕上がりになった

ダウンジャケットは消耗品 私の記憶だと2008年ごろに買ったパタゴニアのダウンジャケット。

記事を読む

手動の鉛筆削りで枝をガリガリ削って作った火口に着火させる

鉛筆削りといえば電動のものから手動でハンドルを回して削るもの、それから子供のころよく使った指先に

記事を読む

Rite in the Rain(ライトインザレイン) 水に濡れても破けず書ける全天候型の防水ノートブック

近年デジタル化の流れで紙に鉛筆やペンで字を書く機会が減りました。 特に学生時代ならまだしも

記事を読む

ECWCS Gen2 ポーラテックフリース 古着を洗濯とブラッシングでお手入れ

手持ちのアウターがそろそろ逝きそうなので最近新たに寒い日に羽織れそうな服を買いました。 春

記事を読む

ベルメゾンのホットコット 綿100%だけど着た瞬間から温かい吸湿発熱するインナー

発熱するインナーといえばユニクロのヒートテックが有名ですが、そのヒートテックよりも温かいと噂のベ

記事を読む

なぜ気に入って買った服がクローゼットやタンスの隅に追いやられるのか

店頭やネットで気に入って買った服がいつの間にか着る機会が減り、クローゼットの端やタンスの奥深くに

記事を読む

URBAN RESEARCH DOORS コットンリネン裏毛クルーネック ポケットTシャツ ネイビー

この夏もっとも稼働率の高い服がこのコットンリネンのポケットTシャツです。 通気性の高さや襟

記事を読む

低速度撮影(微速度撮影・タイムラプス)で撮影された美しい自然や都市の動画

日が昇る前に出かけたり日が暮れてから帰宅することの多い現代人は、ゆっくりと空を見上げる機会も減っ

記事を読む

空き缶のプルタブで自作した釣り針でも魚を釣ることができる

釣りはもともと食料調達のために水中の魚介類を捕獲する手段として行われていましたが、時代を経て釣り

記事を読む

GENTOS(ジェントス) EX-777XP ロングセラーの暖色LEDランタン

東日本大震災を機に非常時の照明を探していたところ、このLEDランタンに出会いました。LEDラ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    ミレーは国産ではなくフランスでは

    • Coro より:

      ご指摘ありがとうございます。
      たしかにミレーはフランスのメーカーですね。
      何かと勘違いしたのかな??

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑