職業を自分で生み出して働くのも自由だよという話

公開日: [ 約5分で読めます ] シンプルライフ

occupation-produces

将来なりたい職業を自分で考える

あなたが子供のころになりたかった職業はなんですか?男の子なら宇宙飛行士やプロスポーツ選手、女の子なら保育士や看護師などが思い浮かびます。

人気職業ランキング(2014年9月) | 13歳のハローワーク 公式サイト

しかし学校では自分で新しい職業を考えてそれを仕事にすることは絶対に勧めてきません。極端にいえば世の中に就きたい職業が見つからなければ、自分で職業を作って働くのも自由なのです。

昔は雇用されていたほうが自営業よりもはるかに安定して働けたので、庶民の頭の中で起業するという意識が薄れていきました。別に起業を過剰に勧める気はありませんが、そういう選択の自由もあると脳の片隅にでも意識があれば考え方も変わるはずです。

インターネットによってビジネスの幅が広がった

ひと昔前では考えられないほど個人のアイデアをかたちにしやすくなりました。

クラウドファンディング(インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うこと)のように資金が無くても簡単に世界中から資金調達できる仕組みが発達しました。

kickstarter_logo
Kickstarter

ネットで資金調達しネットで仲間を集めネットで販売もできます。日本にも昔はたくさんの専門家や職人がいましたが、時代の変化と共に食えなくなり仕方なく一般職に就いたり、兼業したりと自分の思い通りにならない生活に不満を持つ人もいるかと思います。それがネットの発達によって廃れていた文化や職人技が息を吹き返せる基盤が整いました。

もし国内で需要が無くともネットを使えば世界を相手にビジネスができるので、視野が大いに広がったことが実感できると思います。ネットに疎かったらネットに詳しい人材を雇えばいいのです。それくらいの積極性をもって仕事をするとおのずと結果もついてきます。

好きなことの評論家になる

自分で作る職業として手っとり早いのが○○評論家です。評論家になるために資格は必要ありません。自分が大好きで突き詰めたいものがあれば、それをやり続けていつの日か評論家と名乗ってしまえばこっちのもんです。誰もそれを否定することはできません。

アイス評論家のコンビニアイスマニア

コンビニアイスが好きすぎて評論家にまでなった人がいます(笑)彼のお仕事は毎日コンビニアイスを食べ評論することです。アイスを食べることは誰でもできますが、それをやり続けられる人だから希少価値が生まれるんです。評論家と名乗ることで何かと注目され、いろいろなメディアからもお呼びがかかるレベルにまで自分をアピールすることができました。

尖った人はおもしろい、特化型人間がこれから社会をリードする

他の追随を許さないほどアイスクリームに特化してしまったのです。ここまで行ければ競合に邪魔されることなく、好きなように自己表現できるのでとても安定します。個人で立ち上げたビジネスに不安があるという人はまだ尖り具合が甘いか競合が多い分野を選びすぎです。もっとニッチだけど一定の需要がある分野のほうが成功する確率が高まるでしょう。

YouTuber CMにみる主要メディアの変革

テレビ画面をボーッと眺めていたら突然ヒカキン(HIKAKIN)のCMが流れたのには驚きました。ついにネットメディアがダイレクトにテレビ視聴者を取り込み始めたということです。

ヒカキンのことは特別好きではありませんが、彼は自分がやりたいことをコツコツとやり続けた結果、有名になりそれで飯が食えるようになりました。よくYouTubeだけでは生活が不安でないかと心配する人もいますが、私から言わせるとサラリーマンのほうが不安要素だらけだと思います。

ヒカキンくらい有名になってしまうと、正直YouTubeに依存しなくても十分食っていけます。ただひとつ残念なのがヒカキンを含め、多くの有名なYouTuberがそれぞれ事務所に所属するようになってしまったことです。YouTubeは事務所の力関係など無いし、大手だろうが新参だろうが同じ土俵に立って表現できます。干されて出られなくなることもありません。

せっかく強力な個人メディアを構築したのに、結局事務所に入るのかよと思いました。なにが問題かというと完全にフリーな状態よりも自己発信する自由が奪われてしまうからです。

どういった契約を結んでいるかは知りませんが、あるYouTuberが事務所に入ってから動画がつまらなくなったという意見もチラホラ見受けます。面白い人間をバックで操る業者に利用されると、場合によっては本来の魅力を損ねてしまう恐れがあります。

マックスむらいこと村井智建さんの場合は、そもそもスマホアプリ関係の会社の社長でYouTubeも広報の一環として考えているはずなので何の問題もないと思います。

バイリンガールこと吉田ちかさんも事務所とパートナー契約されているようですね。こちらはまだヒカキンほど知名度はないので、事務所のサポートを借りても悪くない判断だと思います。

3人のなかではバイリンガールだけチャンネル登録しています。テレビCMではチャンネル登録が15万ちょっとでしたが、宣伝効果もあってかすぐに20万を超えてさらに増え続けており、改めてテレビの影響力は偉大だと感じました。

ブログは最もシンプルなセルフメディア

当ブログもそうですが、ある程度ジャンルを絞り込んだブログは専門性があり、個人が情報を発信するのに一番シンプルなメディアだと思います。Twitterは文字数が限られているし、Youtubeは動画の撮影や編集したりと手間がかかります。

その点ブログは文字さえ打てれば情報発信できるので極めてシンプルです。誰にでも情報発信する自由があり、努力次第では社会に影響力を与えるメディアへと成長させることができます。

まとめ

ネット上に無限の可能性が広がっているのに、もし夢や自分の考えを実現させたいのに悩んでいるのであれば、おもいきって情報発信してみましょう。そうすればいっしょに協力してくれたり、アイデアをさらに発展させるようなパートナーに出会えるかも知れません。

これからは企業に頼ることなく個人が強力なメディアを持ち、人生を切り開いていくという意識が浸透していくはずです。そして今までになかった職業で輝く人たちが登場するに違いありません。

スポンサーリンク

関連記事

洗顔なんて水で軽く洗い流す程度で健康な肌を保てる

テカテカする皮脂に悩まされる日々 私は今でこそ髪から全身にかけて水・ぬるま湯・お湯だけで洗

記事を読む

こんまり流ときめき整理収納法(こんまりメソッド)が世界中で大ブームになっている件

Photo by Speakeasy 世界中で片付け意識の向上に一役買う 片付けコンサル

記事を読む

ロバ

シンプリスト・ミニマリスト・サバイバリストを動物に例えると特性が明確になる

シンプリストを動物に例えるとロバ ロバは小柄だが、力強く小回りも利き頭もよい。サラブレッドより

記事を読む

子猫

日常生活からサバイバルにも役立つ、身近な万能アイテム8つ

身近なモノからそろえる サバイバルグッズは種類も多く、買い始めるとキリがありませんが、身近

記事を読む

とあるデザイナー兼企業家の持ち物やインテリアから人となりが見えてくる

他人の持ち物を見るのは楽しい 自分の持ち物をSNSなどにアップしてリアクションしてもらうのが好きだ

記事を読む

ミニクルーザーが生活圏のスマートな移動手段として普及してほしい

Photo by コンパクトに持ち運べる乗り物 自力で持ち運べる乗り物はせいぜい折りた

記事を読む

シャボン玉石けん 浴用 無添加石けん選びは結局ありふれたものに落ち着いた

湯シャンはいまだに継続中で特に問題なく過ごせていますが、体も極力洗わないようにしています。

記事を読む

都会の雑踏から脱出するための森林に佇むシェルター Vipp Shelter

via vipp.com デンマークのハウスウェアブランドであるVIPP(ヴィップ)が何と

記事を読む

ゴミ箱

使い捨てる物からの脱却

使い捨てる時代は終わった 使い捨て○○というとあなたは何を想像しますか?一昔前まではこうし

記事を読む

ひとり

ひとりでも生き抜く勇気を持っているか

Photo by GabPRR インターネットによる過剰な結びつき 現代社会では子どもに

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑