キャンプを題材にしたノスタルジックな絵画アートやイラスト10選

公開日: 最終更新日:2017/08/10 [ 約2分で読めます ] アウトドア

野外で生活道具を持ち込んでキャンプするという非日常的な行為は、自然と人間との距離が極めて近くアートの題材としても絵になる光景なので様々な画家が制作した作品が残されています。

現代の高性能なカメラで撮影された美しい写真も素晴らしいですが、絵画やイラストで表現された世界には古き良きキャンプスタイルが垣間見え、見た人がそれぞれ想像力を働かせて余白を埋めていく楽しみがあります。

昔ながらのキャンプは多少不自由さはありますが、創意工夫で快適に暮らせるよう考えれており、近年ではブッシュクラフトのように原点回帰するような流れも生まれています。

そんな自然の中で人間が生活する姿が描かれたものをいくつか選びましたので、道具や服装はもちろん時代背景まで読み取りながらご覧ください。

キャンプが描かれた絵画やイラスト

John Singer Sargent – Tents at Lake O’hara


Image by lfhelmerich.com

Yoshida Hiroshi – Camping, from the series Southern Japan Alps (Nihon Minami Arupusu shû)


Image by ukiyo-e.org

Brett James Smith – Summer Fish Camp


Image by brettsmith.com

John Seerey-Lester – Shelter Tent


Image by seerey-lester.com

Philip R Goodwin – Fishermen at Camp


Image by ebay.com

National Sportsman 1925-06


Image by magazineart.org

vintage 1951 campfire coffee advertisement


Image by etsy.com

Schlitz Beer 1946 Ads


Image by vintagedancer.com

Field Stream 1943 November


Image by instagram.com

Ron Van Gilder – The Tales We Tell-Camping Print


Images by gizmodo.com


ブッシュクラフト-大人の野遊びマニュアル: サバイバル技術で楽しむ新しいキャンプスタイル

スポンサーリンク

関連記事

Spork(スポーク) スプーンとフォークが一体型になった一人二役な万能カトラリー

Photo by Voiding Warranties Spork(スポーク)とはおもに先

記事を読む

STEEP(スティープ) アルプスやアラスカの雪山が舞台のオープンワールドなエクストリームスポーツゲーム

STEEP(スティープ)は世界最大規模のゲーム開発スタジオUbisoftが新たに制作して

記事を読む

Bushcraft(ブッシュクラフト)とは何か? 現代人が忘れていた自然の中で生活していく知恵

普通に生活しているなかでBushcraft(ブッシュクラフト)という単語を耳にすることは少ないで

記事を読む

スリングショット(パチンコ)の進化形 ポケットショット ペットボトルとゴム風船で自作も可能

via thepocketshot.com 狩猟の自由は誰にでもある スリングショッ

記事を読む

UCO(ユーコ) ストームプルーフマッチ 消す方法を逆に知りたい全天候型マッチ

着火道具といえばライターやチャッカマン、原始的なものだと火打ち石やそれを発展させたファイヤースタ

記事を読む

GENTOS(ジェントス) EX-777XP ロングセラーの暖色LEDランタン

東日本大震災を機に非常時の照明を探していたところ、このLEDランタンに出会いました。LEDラ

記事を読む

マルチツールか専用ツールのどちらを持つべきか

Photo by Michael Pollak これまで何度かVictorinox(ビクト

記事を読む

VARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブをグリルとして代用する裏技が発見される

携帯ウッドストーブの定番として長年売れ続けているVARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブで

記事を読む

パタゴニア キャプリーン2 手持ちの化繊ベースレイヤー最古参に君臨するタフな製品

年中着ている手持ちの化繊ベースレイヤー(下着)のなかで一番古いものは何かと調べたら、パタゴニア

記事を読む

手動の鉛筆削りで枝をガリガリ削って作った火口に着火させる

鉛筆削りといえば電動のものから手動でハンドルを回して削るもの、それから子供のころよく使った指先に

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑