My Summer Car 90年代のフィンランドで生活する地味な本格カーライフシミュレーター

公開日: [ 約4分で読めます ] ゲーム


My Summer Car(マイサマーカー)とはSteamで2016年10月にリリースされたカーライフシミュレーターです。

家族は旅行へ行き留守番を任された青年がフィンランドの田舎町で北欧の短い夏を過ごすことになります。

舞台となる1995年のフィンランドは丁度EU(欧州連合)に加盟したばかりで、当時のフィンランドの雰囲気がよく再現されています。

ゲームを始めると自宅からスタートするのですが、最初からマイカーに乗れるわけではなく玄関を出ると錆びついたマイカーのボディーが置かれている状態で、エンジンから何から自力で組み立てなければなりません。

この自動車の組み立てに関してがやたらリアル志向でネジのサイズもそれぞれ違いその都度スパナを持ち替えたり、きっちりネジ止めしないと最悪パーツが破損する恐れがあるほどシビアです。

ただし組み立てなくても叔父の青いバンやバイクにも乗れて、納屋の方へいけばトラクターやトラック(バキュームカー)も置いてあるので、必ずしもマイカーを組み立てる必要はありません。

ゲーム目的は特に定められておらず実績解除を目指すのもひとつの遊び方ですがそれだけに留まりません。

薪割りや汚水処理の仕事でお金を貯めて自動車のパーツをいじりながら、何気ない生活を送ることに楽しみを見出せるかでこのゲームとの相性がわかります。

とてつもなく地味なので万人向けのゲームではありませんが、ハマる人は何百時間と遊び続けてしまうほどの中毒性を含んでいます。

また発売当初はたしかにクソゲーの部類でしたが定期的にアップデートが行われており、クソゲーらしからぬ変化を遂げそこそこ遊べるレベルまで仕上がってきました。


Satsumaと呼ばれるマイカーは完成するとこのような可愛らしい姿になります。

この自動車のモデルは日産チェリー(Datsun 100 A)という実際に存在するもので、開発者が日本車好きなのか青いバンもトヨタのハイエースバンだったりします。

苦労して組み立てたマイカーのエンジンがかかった瞬間は、難しいパズルを完成させた時のような達成感があるのでぜひ味わっていただきたいです。


内周が未舗装で外周が舗装された道路というマップになっているのですが、未舗装の道路は事故れと言わんばかりのデコボコした状態なので気を抜くと脇道にそれて木にぶつかって死んだり横転することが度々あります。

他の車を使って牽引することができますが、牽引中さらにその車でも事故ったりとトラブルが絶えません。


このゲームにはキャラクターステータスという概念があり、尿意・飢え・喉の渇き・疲労・体の汚れなどサバイバルゲーム顔負けの体調管理をしなければならず、これがカーライフシミュレーターにとって良いアクセントとなっています。

あえて食料品やガソリンなどが売られているコンビニのようなお店が自宅から遠くに配置されており、生きるためには移動手段としての自動車が必須になります。

黙っていても食料は必要だし自動車で往復するにもガソリン代がかかるので、序盤は何かとお金が不足気味になります。


お金がなければ生きていけないので汚水処理をするために民家を訪問しますが、満タンになった糞尿を車検場へぶち撒けろという実績もあったりとユーモアがあります。


マップ中央の大きな湖をボートで横断することもできます。孤島にあるコテージでまったりすることも出来ますが、将来的に釣りなども実装されるとさらにボートの利用価値が上がるのではないでしょうか。


自動車パーツ自体が破損することもあり、常にマイカーのご機嫌をうかがいなら走行することでマイカーへの愛着が湧くのかもしれません。

今の自動車は精密機械のように高性能になった分だけ、自分でいじくり回す楽しみが減ってしまった気がします。

My Summer Carを発売当初から実況動画をアップされている犬小屋ゲームというチャンネルがあるのですが、道民のほんわかした語り口や90年代に青春を過ごしていた世代の方なので、それが妙にこのゲームとマッチしていると思います。

北海道といえば水曜どうでしょう発祥の地ですが、深夜番組ならではのゆるい構成や独特の企画で人を選ぶことがMy Summer Carと似ています。

犬小屋ゲームでも以前仰ってましたがMy Summer Carを一言で表すと水曜どうでしょう的なゲームと言えるでしょう。

いかにトラブルや面倒臭さを楽しめるかでこのゲームとの付き合い方が変わります。

ヘルシンキと札幌の平均気温が同じくらいなので、気候や人間の大らかさなど近いものがあるのかもしれません。

My Summer Carのコンセプトで北海道を舞台に軽トラを乗り回すゲームがあれば最高なのですが、MODで軽トラだけでもよいので誰か作ってください(笑)

まだアーリーアクセスなので粗削りな部分が多々ありますが、その粗削りさも良い味になっているので地味なゲームが好きな人は買って悪戦苦闘しましょう。


水曜どうでしょう 第16弾 72時間! 原付東日本縦断ラリー/シェフ大泉 夏野菜スペシャル [DVD]

スポンサーリンク

関連記事

Stardew Valley 牧場物語ライクな農場暮らしが楽しめるRPG

2016年2月27日にリリースされSteam売り上げ1位を記録するなど異例のヒット作とな

記事を読む

STEEP(スティープ) アルプスやアラスカの雪山が舞台のオープンワールドなエクストリームスポーツゲーム

STEEP(スティープ)は世界最大規模のゲーム開発スタジオUbisoftが新たに制作して

記事を読む

なぜNo Man’s Skyは失敗したのか? 期待から失望へ高すぎたハードル

広大な宇宙の片隅に放り出され1800京個以上あるという自動生成された星々を巡る宇宙探索ゲームとし

記事を読む

都市経営シム Cities: Skylines 自然災害がテーマの拡張 Natural Disastersでより奥深いゲームに進化

発売されるやいなや圧倒的な高評価で都市経営シムを代表するゲームとなったCities: Skyli

記事を読む

極寒の地でひたすらサバイバルするゲーム The Long Dark

The Long Darkは極寒の地で寒さや飢えや乾きに耐えしのぐ、リアル指向のサバイバル系ゲー

記事を読む

戦時下の荒廃した都市で市民たちがサバイバルする This War of Mine

実体験に基づいた戦時下の状況を再現 This War of Mineは戦争により爆弾や

記事を読む

ポケモンGOの問題点と今後の行く末

Photo by Piki768 ポケモンGOの日本語版がリリースされて5日が経過しました

記事を読む

theHunter: Call of the Wild 買い切りで遊べるオープンワールドFPS狩猟シミュレーター

theHunter(現Classic)は綺麗なグラフィックとリアル志向のハンティングが楽しめるゲ

記事を読む

広大な大地で部族を繁栄させるため生き抜く 原始時代サバイバル Before

原始の自然の中で暮らす Game Awards 2014にてFacepunch Studi

記事を読む

Block’hood ブロックを積み上げて循環型エコロジー都市を作るシミュレーションゲーム

Block'Hood Early Access Trailer from joma

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑