無印良品のアルミゴミ箱(ダストボックス) シンプル・軽量・丈夫な隠れた傑作商品

公開日: 最終更新日:2016/02/23 [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

muji-trash-can-1
いつ購入したか忘れるくらい昔に買った無印良品のアルミゴミ箱。

今も売っているのかと気になって調べてみたらちゃんと売ってました。

アルミゴミ箱 約直径22cm×高さ25cm

おそらく何の変更もなく普通に売られているということはそこそこ売れてるのではないでしょうか。

ゴミ箱ってシンプルライフに必要なのかは意見が分かれると思いますが、毎年のように花粉症に悩まされる私にとっては欠かせない存在です。

花粉症の人にとって春は憂鬱な季節で、この時期に一番ティッシュペーパーの使用頻度が高く数日でゴミ箱が一杯になります。

このゴミ箱であればある程度深さがあって花粉症の季節にも対応できる容量があり大変重宝しています。

ここまでシンプルなゴミ箱は探してもあまり見つからず、プラスチック製なら多少はありますがここまで無駄のないゴミ箱は珍しいです。

悪目立ちしないゴミ箱を選ぶとするとなるべく無駄のないデザインの方がしっくりきます。

muji-trash-can-2
フタ付きのゴミ箱も中身が見えなくて良さそうですが、私のようなゴミ箱ヘビーユーザーにとっては、そのフタを開け閉めするという過程が邪魔くさく感じるので選択肢から外れました。

キッチンなどで生ゴミを入れるような場所に置くなら、フタ付きの方が臭いを抑えられて良いかも知れません。

無印良品のゴミ箱は非常に洗練されたデザインが多く、ポリプロピレンや木材を使用したゴミ箱も秀逸です。

ポリプロピレンダストボックス・角型 V約幅28.5×奥行15×高30.5cm

タモ材ごみ箱・長方形 幅28.5×奥行15.5×高さ30.5

タモ材ごみ箱が一番高いですが、それでも2500円と非常に手に入れやすく、部屋の片隅に置いておくだけでオシャレに見えます。

あと最近できた商品なのかブリキ製のゴミ箱もあるのですが、新品はちょっと光沢がありすぎるのと継ぎ目が気になりますね。

アルミゴミ箱はゴミ箱として使えるのはもちろんシンプルな形状なので、植木鉢カバーとしてや錆びてボロボロになることが無いので底に穴を開けてそのまま植木鉢として利用している人もいます。

あとはゴミが入って無い時限定ですが、ひっくり返して踏み台に使った事もあります(笑)

唯一の欠点は冬場に素手で持つとひんやりと冷たさを感じることです。

こうした地味なロングセラー商品を作り続けてくれるのは大変ありがたいです。

私の持っているアルミゴミ箱はおそらく半永久的に使えると思いますが、それでも隠れた傑作商品としてこれからも販売して欲しいです。

無印良品ネットストアでは楽天カード(楽天ID決済)を使って買い物する方がお得なのではないか?

スポンサーリンク

関連記事

ワードローブ構築に役立つ基本10アイテム【メンズ編】

Photo by CapitalBedrooms.co.uk 服はたくさん買うけど実際に着

記事を読む

髪の毛

シャンプー・石けん無しで四季を過ごして感じたことまとめ

不安だった夏を越してもうすぐ1年 私は昨年2013年の10月ごろからシャンプーによる洗髪や石け

記事を読む

選択肢の多さが脳を疲弊させ、無意識に満足感まで削ぎ落としている

【TED】バリー・シュワルツ氏が語る、選択のパラドックスについて 字幕が速くて読め

記事を読む

室内でも一年中とても元気な観葉植物 シマクワズイモ (ヒメクワズイモ)

シンプルライフと観葉植物 シンプルライフでは部屋にスペースが増えるので今までスペースを

記事を読む

365日のシンプルライフ

映画『365日のシンプルライフ』に学ぶ自己との向き合い方

自分にとって本当に必要なものは何か 映画『365日のシンプルライフ』は監督・脚本・主演を務

記事を読む

アンチ・ブラックフライデー 過熱する年末商戦と反消費主義の出現

ブラックフライデーの思惑 ブラックフライデーといえばアメリカで毎年11月の第4木曜日に感謝

記事を読む

Burt’s Bees(バーツビーズ) 創立者が広大な土地で過ごす極上のシンプルライフ

Photo by Inc.com 創立者バート・シャビッツの人物像 Burt’s Bee

記事を読む

消費社会に疲れた日本人は再び元の鞘に納まるか

Photo by Evan Blaser 質素な暮らしを捨て消費社会を選んだ 日本の高度

記事を読む

ショッピングカート

ネットでポチる衝動買いを防ぐための効果的な方法

シンプルライフを実践していてもAmazonや楽天で思わず購入ボタンをポチりたくなる衝動にから

記事を読む

mark boyle

お金に縛られる生活を捨てた男 Mark Boyle(マーク・ボイル)

Photo by CNN.com 金銭でまわる社会生活に疑問を抱き、自由経済運動の一環とし

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑