お金に縛られる生活を捨てた男 Mark Boyle(マーク・ボイル)

公開日: 最終更新日:2016/06/30 [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

mark boyle
Photo by CNN.com

金銭でまわる社会生活に疑問を抱き、自由経済運動の一環としてお金に頼らないで生活することを実践しているMark Boyleという活動家がいます。
彼はもとはサラリーマンで営業成績もよく、高収入の安定した仕事に就く優れたエリートでした。2008年から今までの地位を捨て去り、徹底した自給自足に切り替え無銭生活をしています。

暮らしは意外に快適

農場の片隅に中古のキャンピングカーを置き、自由気ままに生活しています。
電気は屋根に取りつけた太陽電池の発電である程度まかなっており、キャンピングカーなので生活に必要な設備は一通りそろっています。

今までの暮らしより時間や手間がかかることが増え、恋人と愛想を尽かされて別れたことを除けば快適に暮らしているようです。
便利な家電や設備がないことで自分で何とかするためのスキルが身につき、成長した分だけ自由が手に入り豊かさを実感できるといいます。

食生活

ベジタリアンなので肉や魚を入手する必要がなく、自分で育てた野菜や農家から売れ残った食材をゆずってもらうなどして食べ物を調達しています。
あとは週に3日ほど農家の手伝いをして給料の代わりに野菜を分けてもらっているそうです。

これからのライフスタイル

服を洗いたければ川へ洗濯に、腹が減れば畑の野菜を食べたり、山や森から木の実や野草をちょうだいする。
なんだか桃太郎のおじいさんとおばあさんテイストな感じですが、大昔の日本の農村のような自然と寄りそう暮らし方に近いものがあります。
彼なら貨幣経済が崩壊しても何とか食っていけそうです。

こうした実験的な活動が反響を呼び、世界中から取材が殺到しています。
いわゆる節約生活をして質素に暮らそうという単純なものではなく、自然と共存するという生物としての原点に立ち返り、資源を消費するばかりの現代社会を見直すことがテーマです。

彼の素晴らしいところは貨幣経済を批判するわけでもなく、他人に自分のライフスタイルを押しつけるわけでもなく、ただひとり淡々と生活を続ける姿をみせて社会に訴えかけていることです。
シェア(分かち合い)をベースとした新たな社会のあり方を考えるきっかけとして彼は今後も活動を続けていくでしょう。

mark boyle 2
Photo by Zingarate

ぼくはお金を使わずに生きることにした
マーク ボイル (著), 吉田 奈緒子 (翻訳)

スポンサーリンク

関連記事

burtsbees-1

Burt’s Bees(バーツビーズ) 創立者が広大な土地で過ごす極上のシンプルライフ

Photo by Inc.com 創立者バート・シャビッツの人物像 Burt’s Bee

記事を読む

shabondama-sekken-1

シャボン玉石けん 浴用 無添加石けん選びは結局ありふれたものに落ち着いた

湯シャンはいまだに継続中で特に問題なく過ごせていますが、体も極力洗わないようにしています。

記事を読む

rabbit-island-1

世界最大の淡水湖・スペリオル湖に浮かぶアーティストの隠れ家 ラビットアイランド

Photo by rabbitisland.org 北アメリカにある五大湖のひとつスペリオ

記事を読む

ゴミ箱

使い捨てる物からの脱却

使い捨てる時代は終わった 使い捨て○○というとあなたは何を想像しますか?一昔前まではこうし

記事を読む

aluminum-camping-trailers-5

エアストリームなどアルミ合金のキャンピングトレーラーはなぜ人を惹きつけるのか

via Cool Material メタリックな質感が好き 普段からキャンピングカーや可

記事を読む

tiny-apartment-in-paris-1

パリの小さなアパートの一室をリノベーションしたシンプルライフ向け住居

生活道具をクローゼットの中に凝縮 パリのとある小さなアパートの古びた一室をリノベーションしたら、と

記事を読む

tiny-house-couple-living01

自動車で移動できる小さな家に住むカップル

家を建てたら住む場所は固定される。 そんな固定観念をくつがえすような面白い家に住む若いカップルを紹

記事を読む

konMari-method-1

こんまり流ときめき整理収納法(こんまりメソッド)が世界中で大ブームになっている件

Photo by Speakeasy 世界中で片付け意識の向上に一役買う 片付けコンサル

記事を読む

anti-black-friday

アンチ・ブラックフライデー 過熱する年末商戦と反消費主義の出現

ブラックフライデーの思惑 ブラックフライデーといえばアメリカで毎年11月の第4木曜日に感謝

記事を読む

from-usmarine-to-zenmonk

アメリカ海兵隊を辞めて禅僧になった男

瞑想との出会い 禅僧として生きる道を選んだスコットさんはもともとアメリカ海兵隊で航

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑