仕事を辞め8000ドルで買った中古キャンピングカーに乗り旅する男

公開日: [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

living-in-a-van-01
via Yahoo! Homes

車内で過ごす一日

仕事を辞め旅に出た

車に乗って自由気ままに旅をするそんな憧れを捨てきれずに仕事を辞めてまで実現してしまった男がいます。

旅をするうえで要となる8000ドルで買った中古のキャンピングカーを自分で改装してしまう熱の入れよう。

living-in-a-van-02
本当にまっさらな状態で黒ずみや錆汚れが目立ちます。

living-in-a-van-03
木材を天井から床まで敷き詰めて戸棚や台なども自作。

living-in-a-van-04
まず普通であればここまで徹底して行動は出来ません。

living-in-a-van-05
ハンモックを吊して読書する至福のひととき。

living-in-a-van-06
室内から撮影するともはや車内とは思えぬ完成度。

living-in-a-van-07
インテリアもそこらの定住者より気を使っています。

living-in-a-van-08
好きな物しか置いてないような洗練されたキッチン周り。

living-in-a-van-09
自作でこのレベルは見事というか、もともと関連した仕事にでも就いていたのでしょうか?

living-in-a-van-10
仕事はないし乗車しながら暮らせるのでヨーロッパ周辺をいろいろ巡りながら旅をしているようです。

living-in-a-van-11
車内で優雅にディナーするのも様になってますね。

living-in-a-van-12
行きたい場所へ住み慣れた部屋をそのまま持って行けるのは面白いですね。

living-in-a-van-13
誰でもやろうと思ってできることではありませんが、男のロマンというか誰しもが抱く冒険心を大人になっても持ち続けて実現させた行動力には関心します。

働かずにいつまで旅を続けるのかわかりませんが、ある程度貯蓄して始めてるでしょうし旅の記録自体に価値があるので、独自にサイトや動画を作ってそこから広告収入を得ているようです。

現代はこうして自分の活動をネットを介してアピールできるので、うまく支援やらスポンサーなどがつけば仕事として成立してしまうんですよね。

そこに至るまでの苦労や勇気が必要ですが、大昔では考えられないようなライフスタイルが送れる時代になりました。

どうも日本でガチガチの日常を送っていると頭が凝り固まってしまいがちですが、人の生き方は本来もっと自由なはずなので柔軟な発想は常に持ち続けていたいものです。

living-in-a-van-14
Living and travelling in a self built campervan

スポンサーリンク

関連記事

電車やバスにも軽くて持ち運び可能な組み立て式ダンボール家具セット Room in a Box

via Indiegogo もし身のまわりにある家具がコンパクトに収納して持ち運べるサイズ

記事を読む

意外なものを整理整頓してみると面白い世界が広がっている

Photos by JoshHarris いろいろな要素が混ざり合った世界 この世の中に

記事を読む

so706i

私がガラケーを使い続ける理由、スマホはガラケーを超えたか

私がガラケーを使い続ける理由 私は今でもガラケーを使っています。ドコモのSO706iという機種

記事を読む

玩物喪志 (がんぶつそうし) 古代中国の言葉から人生の教訓を学ぶ

がんぶつ‐そうし〔グワンブツサウシ〕【玩物喪志】 《「書経」旅獒(りょごう)の「人を玩(もてあ

記事を読む

シンプルライフやミニマリストなどのキーワードから今後成長する分野なのか予測する

キーワードから大きな流れを読み取る 記事を書き続けるにあたり日々しっかりと記事を書くことはもち

記事を読む

髪の毛

シャンプー・石けん無しで四季を過ごして感じたことまとめ

不安だった夏を越してもうすぐ1年 私は昨年2013年の10月ごろからシャンプーによる洗髪や石け

記事を読む

ロバ

シンプリスト・ミニマリスト・サバイバリストを動物に例えると特性が明確になる

シンプリストを動物に例えるとロバ ロバは小柄だが、力強く小回りも利き頭もよい。サラブレッドより

記事を読む

mark boyle

お金に縛られる生活を捨てた男 Mark Boyle(マーク・ボイル)

Photo by CNN.com 金銭でまわる社会生活に疑問を抱き、自由経済運動の一環とし

記事を読む

身軽になるために物を減らすことのデメリットは何か

当ブログでは散々モノを減らすことを推奨するような記事を書いてきましたが、今回は逆にモノを減ら

記事を読む

アンチ・ブラックフライデー 過熱する年末商戦と反消費主義の出現

ブラックフライデーの思惑 ブラックフライデーといえばアメリカで毎年11月の第4木曜日に感謝

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑