仕事を辞め8000ドルで買った中古キャンピングカーに乗り旅する男

公開日: [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

living-in-a-van-01
via Yahoo! Homes

車内で過ごす一日

仕事を辞め旅に出た

車に乗って自由気ままに旅をするそんな憧れを捨てきれずに仕事を辞めてまで実現してしまった男がいます。

旅をするうえで要となる8000ドルで買った中古のキャンピングカーを自分で改装してしまう熱の入れよう。

living-in-a-van-02
本当にまっさらな状態で黒ずみや錆汚れが目立ちます。

living-in-a-van-03
木材を天井から床まで敷き詰めて戸棚や台なども自作。

living-in-a-van-04
まず普通であればここまで徹底して行動は出来ません。

living-in-a-van-05
ハンモックを吊して読書する至福のひととき。

living-in-a-van-06
室内から撮影するともはや車内とは思えぬ完成度。

living-in-a-van-07
インテリアもそこらの定住者より気を使っています。

living-in-a-van-08
好きな物しか置いてないような洗練されたキッチン周り。

living-in-a-van-09
自作でこのレベルは見事というか、もともと関連した仕事にでも就いていたのでしょうか?

living-in-a-van-10
仕事はないし乗車しながら暮らせるのでヨーロッパ周辺をいろいろ巡りながら旅をしているようです。

living-in-a-van-11
車内で優雅にディナーするのも様になってますね。

living-in-a-van-12
行きたい場所へ住み慣れた部屋をそのまま持って行けるのは面白いですね。

living-in-a-van-13
誰でもやろうと思ってできることではありませんが、男のロマンというか誰しもが抱く冒険心を大人になっても持ち続けて実現させた行動力には関心します。

働かずにいつまで旅を続けるのかわかりませんが、ある程度貯蓄して始めてるでしょうし旅の記録自体に価値があるので、独自にサイトや動画を作ってそこから広告収入を得ているようです。

現代はこうして自分の活動をネットを介してアピールできるので、うまく支援やらスポンサーなどがつけば仕事として成立してしまうんですよね。

そこに至るまでの苦労や勇気が必要ですが、大昔では考えられないようなライフスタイルが送れる時代になりました。

どうも日本でガチガチの日常を送っていると頭が凝り固まってしまいがちですが、人の生き方は本来もっと自由なはずなので柔軟な発想は常に持ち続けていたいものです。

living-in-a-van-14
Living and travelling in a self built campervan

スポンサーリンク

関連記事

シャボン玉石けん 浴用 無添加石けん選びは結局ありふれたものに落ち着いた

湯シャンはいまだに継続中で特に問題なく過ごせていますが、体も極力洗わないようにしています。

記事を読む

洗顔なんて水で軽く洗い流す程度で健康な肌を保てる

テカテカする皮脂に悩まされる日々 私は今でこそ髪から全身にかけて水・ぬるま湯・お湯だけで洗

記事を読む

【TED】生きるのはラクだ、なぜ私たちは困難な方を目指すのか?

Jon Jandai(ジョン・ジャンダイ)さんはタイ北東部で農業を営んでいる普通の男性です。

記事を読む

【ふみ飯】木村文乃のインスタグラムで魅せる手作り料理から学ぶ食の大切さ

via fuminokimura_official 今や映画・テレビドラマ・CMなど多方面

記事を読む

出羽島プロジェクト お金のいらない島(国)でギフト経済は実現するのか?

Photo by とくしまグリーン・ツーリズム お金が支配する社会からの脱却 現代社会で

記事を読む

自作キャンドルヒーターは安い材料で簡単に作れて燃費も良い

暖房器具は自作できる 寒い時期に室温を上げるための暖房器具はいろいろあります。 現代における

記事を読む

525ドルで買えるマイホーム!? ポーランドの建築家がデザインしたコンパクトハウス

via Culture.pl ポーランドの建築家Aleksander Kawiński(ア

記事を読む

シンプルライフやミニマリストなどのキーワードから今後成長する分野なのか予測する

キーワードから大きな流れを読み取る 記事を書き続けるにあたり日々しっかりと記事を書くことはもち

記事を読む

消費社会に疲れた日本人は再び元の鞘に納まるか

Photo by Evan Blaser 質素な暮らしを捨て消費社会を選んだ 日本の高度

記事を読む

アラン・ワッツ 生誕100周年 タブーを解き明かし自分らしく生きるための哲学

Photo by @AlanWattsDaily Alan Watts(アラン・ワッツ)は

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑