1ドルと400ドルの実用ナイフでは性能にどれほど差があるのか?

公開日: [ 約3分で読めます ] アウトドア


世の中には多種多様なナイフが販売されていますが、パッと見ただけではそこまで性能の差があるのか素人では判別しにくいです。

1ドルのキッチンナイフと400ドルのサバイバルナイフを様々なテストを通して比較している動画を見つけました。

具体的には安物のキッチンナイフとFallkniven(ファルクニーベン) S1 Proというスウェーデン空軍が採用しているサバイバルナイフをさらに強化した製品が比較対象で、さらに標準的なアウトドア向けナイフとして評価の高いモーラナイフの3本が選ばれました。


新品の状態ではどれも切れ味が素晴らしく薄紙をスパスパと切り刻む事ができます。

最初に火起こしに使うフェザースティックを作るために何度も木を削る作業を繰り返します。

すると途端にキッチンナイフとモーラナイフは明らかに切れ味が落ちてしまいました。

そもそもアウトドア用ではないキッチンナイフは本来の使い方ではないので仕方がないですが、モーラナイフであっても意外と切れ味は落ちるものです。


クラフティングテストではキッチンナイフは完全に切れ味が落ちており削るのも一苦労で細工をするのは困難です。

モーラナイフはさすがアウトドアナイフだけあって一番扱いやすくウッドクラフトするには十分な切れ味を保っています。

ファルクニーベンも切れ味が落ちていおらず、あまり細かな作業には向いて無さそうですが卒なくこなせています。


テストはさらに過酷になりナイフの弱点である横から力をかけるとキッチンナイフはあっけなくポキッと先端が欠けてしまいました。

モーラナイフもやや先端が欠けましたが、ファルクニーベンは頑丈で木の板をほじくり返す程度ではびくともしません。


バトニングテストでは乾燥した割れやすい薪ではキッチンナイフでも何とか割れましたが、目の詰まった割れにくい薪をバトニングすると衝撃に耐えられず完全に折れてしまいました。

モーラナイフも多少時間をかけて割ることができ、ファルクニーベンでは簡単に薪割りが可能で性能の差がはっきりと出ました。

やはりバトニングにはある程度刃に厚みがあり、クサビを打ち込むような感覚で扱えるナイフが理想的です。


最後は完全にへし折る気満々でナイフの上に乗っかり全体重をかけてナイフに負荷をかけます。

これにはさすがのモーラナイフでも耐え切れず、一番負荷がかかった部分がポキっと折れてしまいました。

最後にファルクニーベンにも同様に負荷をかけ続けますが、人ひとりの体重くらいなら折れずに支えられるほどの強度が備わっているようです。

結果的には値段通りの性能差で高級な実用ナイフはやはり高いだけの価値があることがわかりました。

ただしファルクニーベンの40分の1の値段で買えるモーラナイフは、かなりコストパフォーマンスが高くよほどヘビーな使い方をしなければこれで十分な気がします。

切れ味は砥石やシャープナーで研げば回復するので、強い衝撃で折れたりしない限りは長く使い続けることができます。

自然との関わりに慣れて本格的なサバイバルやキャンプをする場合には、より信頼性の高いナイフを持ちたくなるのは必然でしょう。


FALLKNIVEN (ファルクニーベン) S1z


モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG

スポンサーリンク

関連記事

Andreas Lie(アンドレアス・ライ) ノルウェーの自然と動物が融合した息をのむほど美しいアート作品

ノルウェーのベルゲンを拠点に活動する写真家・アーティストであるAndreas Lie(アンドレアス・

記事を読む

息を呑むほど美しい自然と映画に魅せられた青年が撮影した映像作品 Story of a Nomad

Story of a Nomad from Wolfram Arents on Vimeo.

記事を読む

STEEP(スティープ) アルプスやアラスカの雪山が舞台のオープンワールドなエクストリームスポーツゲーム

STEEP(スティープ)は世界最大規模のゲーム開発スタジオUbisoftが新たに制作して

記事を読む

VARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブをグリルとして代用する裏技が発見される

携帯ウッドストーブの定番として長年売れ続けているVARGO(バーゴ) ヘキサゴンウッドストーブで

記事を読む

丸太一本で焚き火台が作れるスウェーデントーチ Swedish Fire Torch(Canadian Candle)

丸太一本で作れて長時間安定した火力が得られるスウェーデントーチは日本ではあまり知られていませんが

記事を読む

ポリウレタン(PU樹脂)素材の呪縛から解放される方法

Photo by Jamie ポリウレタンは1950年代以降さまざまな工業製品に用いられ、

記事を読む

低速度撮影(微速度撮影・タイムラプス)で撮影された美しい自然や都市の動画

日が昇る前に出かけたり日が暮れてから帰宅することの多い現代人は、ゆっくりと空を見上げる機会も減っ

記事を読む

レンガブロックを積み上げるだけの簡易ロケットストーブの作り方

ロケットストーブといえば燃焼効率の良くシンプルな構造なので、ペール缶などを加工して自作できること

記事を読む

手動の鉛筆削りで枝をガリガリ削って作った火口に着火させる

鉛筆削りといえば電動のものから手動でハンドルを回して削るもの、それから子供のころよく使った指先に

記事を読む

エアストリームなどアルミ合金のキャンピングトレーラーはなぜ人を惹きつけるのか

via Cool Material メタリックな質感が好き 普段からキャンピングカーや可

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑