日本のミニマリスト 紀里谷和明 (きりや かずあき)

公開日: [ 約2分で読めます ] ミニマリスト

kazuaki-kiriya
Photo by Kazuaki Kiriya

きっかけはiTunes

紀里谷和明さんは1983年にわずか15歳で渡米し、高校・大学時代をアメリカで過ごしました。1994年から写真家として活動を開始し、映画監督・演出家・写真家としてマルチな活動をされています。

そんな紀里谷さんが物を持たない生活を始めるようになったきっかけは、iTunesが公開されCDなどの音源をデジタルファイルとして保存できるようになった事です。音源のデジタル化はすなわちCDという物体を所持せずともたくさんの音楽が聴けるようになったわけで、CDはもちろん収納していたラックまでも不要になるということです。

今まで部屋の一角を占めていたものが突然必要なくなるという変化が起きました。不要になったものなので捨てることにします。一度捨て始めると捨てることが快感になり、本や書類などデジタル化できるものはデジタル化し、服など身の回り物を次々に捨てていきました。そして残った物はスーツケースに収まってしまうほどわずかな量でした。

先進国の富は途上国からの搾取で成り立つ

ベルリンの壁崩壊から冷戦と激動の時代をアメリカで過ごした紀里谷さんは、戦争や紛争よりもっと根底にある、世界のパワーバランスの歪みによる一方的な搾取によって多くの人々が苦しんでいるという現実に直面します。

誰も幸せになれない負のスパイラルを断ち切るため、自ら行動を起こす決意をしました。自分ひとりでは何も変えられないけど、自分の活動を誰かが知ってその人も行動を起こしたり、日々の生活を少しずつ見直すきっかけになれば世界も変わるのではないかという信念のもと今も多方面に活動されています。

毛皮への意識を変える映像

先進国の人々への意識改革の一環として『毛皮反対プロジェクト』という映像作品が公開されました。人間の都合だけで犠牲になる動物を救いたいという思いが動画を通して伝わってきます。

本当の自分探しとは内なる探究である

オトナの!(TBSテレビ)にて親友の蜷川実花さんといっしょに出演されている番組が、公式でYoutubeにアップされていたのでぜひ見てください。紀里谷さんの人柄や思考が凝縮されたよい内容だと思います。

スポンサーリンク

関連記事

MUJI無印良品:Good enough Living つつましく、満ち足りたくらし シンプルな生活用品の数々

無印良品からシンプルライフやミニマリストを明確に意識したコンセプト動画が公開されました。 いか

記事を読む

ミニマリストの将来と今後の展望

私がこのブログを立ち上げたのが2014年9月で、ミニマリストという言葉を知ったのもおそらく201

記事を読む

世界のミニマリスト ホセ・ムヒカ(エル・ペペ) ウルグアイ元大統領 本当の貧しさとは何か?

Photo by Ariel Quiroz いきなりウルグアイの現大統領は誰かと聞かれて即

記事を読む

世界のミニマリスト Jane Siberry (ジェーン・シベリー)

Photo by Mr Andy J C 光と影 カナダのトロント生まれの歌手で当時

記事を読む

お金を握りしめる赤ちゃん

お金の使い道を見極めることで、豊かな時間を過ごせるという話

お金が充分貯まったら、何に使えば良いのでしょうか? そのお金を最大限に有効活用したり、幸福感

記事を読む

世界のミニマリスト Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ)

Photo by WIRED ブランディングで世界を変えた男 日本でも有名なスティーブ・

記事を読む

整理整頓コメディー・わたしのウチには、なんにもない。 ゆるりまい原作コミックエッセイがドラマ化

Photo by なんにもないぶろぐ ゆるりまいさん原作の人気コミックエッセイ『わたしのウ

記事を読む

シンプルライフやミニマリストなどのキーワードから今後成長する分野なのか予測する

キーワードから大きな流れを読み取る 記事を書き続けるにあたり日々しっかりと記事を書くことはもち

記事を読む

日本のミニマリスト 高城剛 (たかしろ つよし)

Photo by Fragments of 高城剛とは何者なのか? 高城剛さんといえば、

記事を読む

片付け

シンプルライフやミニマリストになるため、優先して整理すべきもの

本・雑誌・コミック とにかく場所を取るしデジタル化しやすいので、特に読書好きであれば本から

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑