ネットでポチる衝動買いを防ぐための効果的な方法

公開日: [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

ショッピングカート

シンプルライフを実践していてもAmazonや楽天で思わず購入ボタンをポチりたくなる衝動にかられる時があります。
そんな時に衝動にまかせてポチるのを防ぐための方法をいくつかご紹介します。

目を閉じて深呼吸する

目から入ってくる情報が購入意欲をかき立てるので、一度その情報を目を閉じることで遮断します。
それから高ぶった心を落ち着かせるため、深く深呼吸して頭の中をリセットします。

マインドマップやメモ帳に欲しいものを書く

買う前にワンクッション置くことで、本当に欲しい物だけを選別します。
できればすぐに欲しい物近々欲しい物そのうち欲しい物などに細分化してリスト形式にしておくとよいです。
後日あらためて見返すとそれほど以前ほど欲しいと思わなかったりと心境に変化があります。
そういった物をリストから外していけば、無駄な買い物をしなくて済みます。

マインドマップで思考を可視化する、FreeMindをシンプルライフに活かす方法

ほしい物リストやお気に入り商品に入れる

ショッピングカートに商品を入れておくこともできますが、Amazonのほしい物リストや楽天のお気に入り商品の方へ入れます。
マインドマップほどではありませんが、決済までのプロセスがショッピングカートよりも多いので衝動買いの予防になります。

クレジットカードを登録しない

どうしても治らない場合はこれが一番効果があると思います。
ポチるという行為を根本から治療する荒治療ですが、あえて決済を不便にすることでブレーキがかかり衝動買いを防ぐことが出来ます。

衝動買いしそうな情報は見ない

本当に必要なものを買うとき以外はAmazonや楽天を絶対に見ない。
新商品のレビュー記事や動画も再生しない。
特に最近のYouTuberによる商品紹介動画は編集がうまくて、かなり破壊力があるので要注意です。
そうすれば事故の起こる確率も低下するので、結果的に衝動買いすることも減るでしょう。
あまりに情報を遮断しすぎてインプットが不足するのも問題ですが。

まとめ

以上のようなことを意識的に行えば、衝動的にポチッと買い物するのを未然に防げるので試してみてください。
フィルターを通してそれでも必要と判断したのであれば、遠慮なくポチッちゃってください。

スポンサーリンク

関連記事

【映画】この世界の片隅に 戦時中の極貧生活やたくましく生きる人々の姿を描いた戦争アニメ

Photo by Makuake 漫画家こうの史代さんの原作『この世界の片隅に』が片渕須直

記事を読む

自分の思考や知識やアイデアを文章にして資産化する

共有したほうが得をする 自分の頭の中で日常的に考えていることは積極的に他人にも共有したほう

記事を読む

ひとり

ひとりでも生き抜く勇気を持っているか

Photo by GabPRR インターネットによる過剰な結びつき 現代社会では子どもに

記事を読む

インターネット上のキャッシュポイントで稼ぐことの重要性

リアル経済の行く末 キャッシュポイントとは報酬や売り上げが発生する場所のことです。お金

記事を読む

freemind

マインドマップで思考を可視化する、FreeMindをシンプルライフに活かす方法

マインドマップとは何か マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・

記事を読む

ゴミ箱

使い捨てる物からの脱却

使い捨てる時代は終わった 使い捨て○○というとあなたは何を想像しますか?一昔前まではこうし

記事を読む

1つ2役やトランスフォームする省スペース思考な家具たち

via Space-saving design ideas 家具の兼業や省スペース化を考え

記事を読む

都会の雑踏から脱出するための森林に佇むシェルター Vipp Shelter

via vipp.com デンマークのハウスウェアブランドであるVIPP(ヴィップ)が何と

記事を読む

玩物喪志 (がんぶつそうし) 古代中国の言葉から人生の教訓を学ぶ

がんぶつ‐そうし〔グワンブツサウシ〕【玩物喪志】 《「書経」旅獒(りょごう)の「人を玩(もてあ

記事を読む

アンチ・ブラックフライデー 過熱する年末商戦と反消費主義の出現

ブラックフライデーの思惑 ブラックフライデーといえばアメリカで毎年11月の第4木曜日に感謝

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑