【ふみ飯】木村文乃のインスタグラムで魅せる手作り料理から学ぶ食の大切さ

公開日: [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

humimeshi-1
via fuminokimura_official

今や映画・テレビドラマ・CMなど多方面で活躍する人気女優の木村文乃(きむらふみの)さんですが、本人がほぼ毎日のようにInstagram(インスタグラム)にアップしている手作り料理(通称・ふみ飯)が話題となり、100万人を越すフォロワーが付くまでになりました。

女優として不規則で多忙な毎日を過ごすなかでもなるべくスーパーへ買い出しに行き、旬の食材を中心に栄養バランスも考えながら自炊する姿には感心します。

これだけ食に気を使う背景には過去に持病のアトピー性皮膚炎が悪化して芸能活動を一時休止した経験があり、引退まで考えるほどの苦労があったからでしょう。

端正な顔立ちで異性から人気なのはもちろん、飾り気のないサバサバした性格でなおかつ料理の腕前もプロ級なので、主婦などの同性からも多く支持されています。

humimeshi-2
ふみ飯の注目すべきポイントは一汁二菜を基本とした栄養バランスの取れた食事で、朝食の写真が特に多く和食にソーセージや卵といった良質なタンパク質をプラスした和メリカン定食が定番メニューです。

humimeshi-3
芸能人だからといって豪華な料理が並ぶわけでもなく、いたってシンプルで頑張って作りました感のない自然体な料理です。

ただ料理が得意アピールするためだけにインスタグラムにアップすることが目的であれば、これほど継続はできないでしょうし粗が目立ってきます。

humimeshi-4
アトピーは克服できたようですが、お弁当も手作りするなど日々の体調管理に気を使っているからこそ症状を改善させることができたのでしょう。

humimeshi-5
料理の腕前はさることながら食器選び盛りつけのセンスも抜群で食器はかなりの数を持っているようです。またユニークな箸置きを使って何気ない料理でも個性が光ります。

humimeshi-6
和食以外にもバリエーション豊かな料理がアップされ、彩り鮮やかな食卓は多くの人の心を惹きつけています。

インスタグラムなので写真がメインですが、いっしょに添えられた短い文章にも彼女の人柄が感じられます。

木村文乃さんから感じ取れるのは毎日を丁寧に生きているということ、食の大切さを身に染みてわかっているからこそ、日々の食事を疎かにしない気配りが垣間見えます。

木村文乃さん(@fuminokimura_official)


木村文乃 ファースト写真集 『 ふみの 』

スポンサーリンク

関連記事

アンチ・ブラックフライデー 過熱する年末商戦と反消費主義の出現

ブラックフライデーの思惑 ブラックフライデーといえばアメリカで毎年11月の第4木曜日に感謝

記事を読む

freemind

マインドマップで思考を可視化する、FreeMindをシンプルライフに活かす方法

マインドマップとは何か マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・

記事を読む

お金を握りしめる赤ちゃん

お金の使い道を見極めることで、豊かな時間を過ごせるという話

お金が充分貯まったら、何に使えば良いのでしょうか? そのお金を最大限に有効活用したり、幸福感

記事を読む

shave off mind的に読んでおくべきKindleの無料本11選

ネットから無料で読書する時代 Kindleの登場によりAmazonから電子書籍をダウンロー

記事を読む

【ASMR】菜食王子が音と映像で伝えるマクロビオティックなレシピ動画 Peaceful Cuisine

日本で有名なYouTuberといえば日本語で動画コンテンツをアップして人気になることがほとんどで

記事を読む

レンガブロックを積み上げるだけの簡易ロケットストーブの作り方

ロケットストーブといえば燃焼効率の良くシンプルな構造なので、ペール缶などを加工して自作できること

記事を読む

【TED】生きるのはラクだ、なぜ私たちは困難な方を目指すのか?

Jon Jandai(ジョン・ジャンダイ)さんはタイ北東部で農業を営んでいる普通の男性です。

記事を読む

ショッピングカート

ネットでポチる衝動買いを防ぐための効果的な方法

シンプルライフを実践していてもAmazonや楽天で思わず購入ボタンをポチりたくなる衝動にから

記事を読む

映画『降りてゆく生き方』公開以来DVD化せず全国各地で異例のロングラン上映 3.11以降さらに関心高まる

Image by nippon-p.org 商業映画や資本主義に一石を投じた作品 映

記事を読む

1つ2役やトランスフォームする省スペース思考な家具たち

via Space-saving design ideas 家具の兼業や省スペース化を考え

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑