箸の正しい持ち方は見た目の美しさだけでなく使い勝手も優れている

公開日: [ 約3分で読めます ] その他

how-to-hold-chopsticks
Photo by livedoor.blogimg.jp

箸の持ち方で損をする

あなたは箸を正しく持って使えていますか?

しつけの厳しい家庭に育った人は必ず箸の持ち方を矯正されます。

別にしつけがそれほど厳しくなくても子供から大人になるタイミングで矯正するきっかけが何度かあるでしょう。

それらを潜り抜けて我流を貫いてきた人はある意味凄いことではないでしょうか。

第三者の目線から見た場合には箸の持ち方である程度育ってきた環境をうかがい知る事ができます。

他人の箸の持ち方なんてその人の自由だし、いちいち気にする方が野暮だという意見もあるでしょう。

これはファッションにも通じることで見てる人は見てるし無関心な人も当然います。

生活しているうえで出会う人たちには、出来る限り悪い印象を与えない方が関係を良好に保てます。

冒頭の画像は箸の持ち方が汚い人代表の桑マン(桑野信義)さんですが、桑マンと聞くだけでまずこのイメージが頭をよぎるほど強烈なインパクトを放っています。

桑マンさんも近年になって料理番組に出演する機会があり、番組上ふさわしくないので矯正を促されたらしいです。

何十年も貫いてきたスタイルを大人になってから急に変えるのはなかなか大変だと思います。

矯正したことを知らない人には永久に箸の持ち方が汚い人として脳裏に焼き付くので、見た目の印象というのは馬鹿にできません。

たかが箸の持ち方程度でマイナスな印象を抱かれるのは非常にもったいないと思いませんか?

洗練された箸使い

how-to-hold-chopsticks-2
Photo by jtcl.co.jp

実は私自身もともと箸の持ち方が適当だったので過去に2度ほど矯正をしました。

1度目は小学生の頃に何となく周りと違う持ち方だったので自主的に矯正したという記憶があります。

もう少し大きくなったら親から注意されていた可能性はありますが、小学生の間は特に何も言われなかったので、まあまあ普通の家庭環境だったのかなと思います。

2度目は社会人になってからふと箸の持ち方に興味を持ち、ネットで検索すれば簡単にお手本が見られるのでそれを見て微調整をした感じです。

一見正しく持てているような人でも微妙に指の位置がおかしかったりするので、改めて自分の持ち方を確認すると気づきがあるかもしれません。

大人でも正しく箸を扱えるのは3割ほどしかいないそうなので、残り7割の人たちは少なからず無理な姿勢で食事をしていると言えます。

1度目も見よう見まねで直しただけでまだ我流の域だったのが、2度目の矯正でついに完成型として身に付けることができました。

正しい箸の持ち方は人類の長年の試行錯誤の成果なのか見た目の美しさだけでなく、箸先へ力を伝えやすく動かしやすいという特徴があります。

見た目の良し悪しだけではなく食事の時に余計なストレスから開放されます。

具体的には下の箸は親指の付け根と薬指で完全に固定させ、上の箸は鉛筆のように握り人差し指で押し付ける力が働くので食べ物をしっかりと挟めます。

2度目微調整前は人差し指が若干外側にズレていたので、指先の力を箸先へ伝える際にかなりのロスがありました。

正しい持ち方をするとすべての指が合理的に機能しており、最初にこの持ち方を編み出した人は凄いなと思います。

毎日扱うものだから大切に

日本で生活していれば毎日のように箸を持つ機会があり、日々の行いを見直すことは即座に実感として返ってくるので矯正する価値があります。

箸で細かな食材が摘めなかったり、煮物などを切ろうとしても上手く力が入らなかったりと、食事をするうえでの些細なストレスを感じているなら今すぐ矯正しましょう。

矯正は人から強制されるものではなく、自分が気持ちよく過ごすために行えばよいので、箸を上手に使って毎日楽しくご飯を食べましょう。


エジソンのお箸2右手用

スポンサーリンク

関連記事

シンギュラリティ(技術的特異点) 2045年問題 人工知能が人類の知性を超える日

Photo by DigitalRalph 人類が進歩するうえで避けては通れないのが、シン

記事を読む

ひろゆき(西村博之)がお金の使い方やお金持ちになってわかった事などを語る

2ちゃんねるを開設し瞬く間に巨大なコミュニティを作り上げたひろゆき(西村博之)さんがお金について

記事を読む

お正月の行列と福袋について

Photo by Dick Thomas Johnson 初詣の行列 お正月の元旦は

記事を読む

Amazon(アマゾン)が注文金額2,000円以下の配送料を有料化したことによる影響

Photo by Stephen Woods Amazon(アマゾン)の転換期 先日

記事を読む

筋トレと体幹トレーニングを地味に続けたら8kgほど体重が落ちた

Photo by Feed My Starving Children (FMSC) ウエストを

記事を読む

かつて農耕民族だった日本人が群集心理から巣立つ時

Photo by born1945 人類は農業によって土地に留まり定住することが可能になっ

記事を読む

【ASMR】日本の職人技が光る洗練された仕草を撮影した動画 GarraStyle

ASMRについて ASMRとはAutonomous Sensory Meridian Resp

記事を読む

お金は気づかれずに大切な成功・失敗体験の機会を奪っている

お金が流通した社会ではお金を支払うことで商品を購入したり、サービスを受けたりして大量の物を持ち運

記事を読む

社会的な同調現象によって大衆は無意識にコントロールされている

人間は社会性のある動物でまわりの仲間と合わせることで円滑に生活をする術を持っていますが、逆にこれ

記事を読む

セルフカット&湯シャンは最強なのか?試行錯誤の末にたどり着いた結論

Photo by Michael Coté セルフカット歴15年以上、そして湯シャン歴も丸

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑