ハーブとルッコラ(ロケット)の発芽

公開日: [ 約2分で読めます ] 家庭菜園

herb-rocket-hatsuga-1
種まきから約2週間ほど経ちました。発芽は早めでしたがその後はゆるやかな成長でまだ小さな芽が生えている感じです。

これまでハーブを育てた経験がないので順調に育っているのかわかりませんが、暑さに弱いようなので暑くなる前にある程度大きくしたいです。

ハーブ栽培はじめました オレガノ・ペパーミント・レモンバームの種まき

herb-rocket-hatsuga-2
種は蒔いたけどどれがどのハーブかわからなくなってしまいました(笑)

これが一番葉が大きくて成長が早い芽です。ウォーターサンドに水分は吸わせていますが、うまく根が張らないと吸収できないのでところどころ干からびて枯れています。

herb-rocket-hatsuga-3
成長があまりよろしくないのがこの芽です。葉が小さくて成長も遅めな気がします。たくさん種を蒔いたので中央部に残っている芽が成長してくれることに期待します。

herb-rocket-hatsuga-4
最後に葉は小さいけれどほとんど枯れている芽が無く元気そうな芽です。ここからの成長具合がゆるやかで少し心配になりますが、放っておくのが一番だと思うので水切れだけ注意しながら様子見です。

herb-rocket-hatsuga-5
こちらは種まきから1週間ちょっとのルッコラですが、やはりハーブに比べて野菜は生長が早いですね。

ルッコラもハーブの部類に入るのかもしれませんが、成長スピードがまるで違います。

キッチンペーパー1枚に水を吸わせてその上に植わっているだけなので、結構乾燥でやられてしまいましたが、それでも十分な数が生き残っています。

スプラウトとして食べるには丁度よいサイズですが、今回は大きくしたいのでスプラウトとしては食べません。

下に根を下ろせないので強制的に水平に根を伸ばしていくしかありません。特殊な環境だとは思いますがどのように成長していくのか、はたまた枯れて無くなってしまうのか今後が気になります。

ロケットサラダ(ルッコラ)の種まき ペットボトルとキッチンペーパーだけで野菜は育つのか

スポンサーリンク

関連記事

rucola-tanemaki-1

ロケットサラダ(ルッコラ)の種まき ペットボトルとキッチンペーパーだけで野菜は育つのか

年中収穫できる万能野菜 先日ハーブの種まきをしたばかりですが、立て続けにまた野菜の種を買ってし

記事を読む

arugula-revenge-1month-2

ロケットサラダ(ルッコラ) 室内栽培 1ヶ月で食べごろサイズの葉が出現

種まきからおよそ1ヶ月を経過して、直接日光を浴びることがそれほどない窓辺でもそれなりに大きくなっ

記事を読む

lemon-balm-2016-summer-1

真夏の暑さに耐えるレモンバーム 成長が遅いけど大丈夫?

室内の鉢植えで栽培しているレモンバームですが、今のところ古い成長不良のような葉が落ちて4枚だけで

記事を読む

komatsuna-hatsuga-1

小松菜の発芽と試作機2号

小松菜の発芽 前回の記事で小松菜の種まきを行いましたが3日ほどで無事に全粒発芽しました。

記事を読む

mini-tomato-hatsuga-1

ミニトマトの発芽と腐った臭いニラと空芯菜(クウシンサイ)

ミニトマトの発芽 試作2号機ではないですがそれよりも前に仕込んでおいたミニトマト(アイ

記事を読む

arugula-revenge-2weeks-1

ロケットサラダ(ルッコラ) 室内栽培 2週間で本葉を展開

ロケットサラダ(ルッコラ)の種まきから約2週間を過ぎた室内栽培のペットボトルプランターですが、今

記事を読む

lemon-balm-revenge-1

レモンバームを素焼鉢に種まきしてリベンジ!過酷な猛暑を乗り切れるのか?

恥ずかしながら去年に種まきしたレモンバームはろくに成長しないまま、水やりも疎かになりカラカラに干

記事を読む

rucola-refuge-2

ルッコラの避難と空心菜の本格化とハーブの育ち具合

ルッコラ ルッコラの水耕栽培ですが、まともに日光が当たらない場所で育てており、1週間ほ

記事を読む

arugula-revenge-3

ロケットサラダ(ルッコラ) 室内栽培リベンジ! ペットボトルプランターを使って窓際で育てる

去年の春にロケットサラダ(ルッコラ)の種を買って室内で水耕栽培を試みるも失敗に終わり、いつかリベ

記事を読む

hydroponics-start-5

家庭菜園の経験ほぼゼロだけどお手軽に水耕栽培を始めてみる

自分で食べ物を生産する 唐突ですが家庭菜園を始めようと思います。しかも室内で水耕栽培という未経

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑