私がガラケーを使い続ける理由、スマホはガラケーを超えたか

公開日: [ 約3分で読めます ] シンプルライフ

so706i

私がガラケーを使い続ける理由

私は今でもガラケーを使っています。ドコモのSO706iという機種です。
買った当時は最新機種でした。もちろんその頃はスマホなんてたいして普及していませんでした。
メールと電話ができればよいので、スマホのほうが多機能だけど機能的には十分です。

なぜスマホに切り替えないのか疑問に思う人もいるでしょうけど、私からしてみればなぜそこまでしてスマホへ移行するのか疑問です。
どうしてガラケーからスマホへ切り替えるに至らないのか自己分析してみました。

物持ちがよい

そもそも初めてガラケーを持ち始めたのも高校を卒業してからでした。今から十数年前とはいえ携帯電話は普及していたので、持っていないのは少数派でした。
その頃から現在まで2台しか所持したことがありません。つまり一度だけ機種変更をして2代目ということになります。

機種変更した理由も当時ドコモのmovaからFOMAへの移行がかなり進んでおり、movaの回線が終了するに伴い料金プランも無くなるということで渋々変更したわけです。
1年間に何度も機種変更したり、どこかに置き忘れたり、落として壊したりする人をみかけますが、それは物への愛着がその程度だということです。

料金が高い

ガラケーと比べて格段に料金が高くなりました。
メールと電話さえあれば事足りる自分にとって、あまりにもランニングコストが高く無駄でしかありません。

これだけ不況下にあっても大手3社のカルテル価格で一行に下がりません。
ようやく総務省が料金抑制のためにルールを策定し、カルテル封じを目論み始めたところです。

バッテリー持ちが悪い

鮮やかなディスプレイやいろいろなアプリ、高速な回線を利用することで一番負担がかかっているのがバッテリーです。
他がいくら高機能になってもバッテリーだけついて行けてません。
バッテリーが貧弱なことで、予備にバッテリーチャージャーを持ち歩いたり工夫しなければ、常に電池の減りを気にしなければなりません。

省電力設定などネットで様々なスマホの節電ハックが紹介されていますが、そこまでしないと余裕を持って使えないのかとちょっと切なくなります。
なんでもできるスマホはたしかに便利なのですが、それが使えなくなった場合のダメージも大きいので、それぞれ専用機を持った方がリスク分散になります。

魅力的な機種が少ない

iPhoneもジョブズが亡くなってからというもの迷走気味ですし、Androidもいまひとつパッとしません。
画面も大型化してきており、スマートに持ち運ぶにはちょっと辛いサイズが増えています。

まとめ

スマホはガラケーの完全な上位互換ではないことがわかりました。
とはいっても次々と発売される新機種はスマホばかりですし、次に機種変更するときはスマホを選ぶことになるでしょう。
ガラケーが手元にある方はどうか大切に使ってあげてください、まだ退役には早すぎます。

今のガラケーはもう6~7年使っていますが、まだ壊れる気配がないので壊れるまで使い倒すのもひとつの選択かと思います。
今後もっと魅力的なスマホが登場すれば、心置きなくスマホデビューできるのですが、いつになることやら。

スポンサーリンク

関連記事

鐘の音に始まり、鐘の音に終わる 坐禅アプリ 雲堂 (Undo)

シンプルな操作性の坐禅アプリ 自宅の部屋で気軽に坐禅をしたい時に役立つアプリを紹介します。

記事を読む

物量を気にするよりも道具をアクティブな状態に保つことが大事

使わない道具はいざという時に使えない 道具が多すぎると手入れが行き届かず、いざ使いたい時に

記事を読む

freemind

マインドマップで思考を可視化する、FreeMindをシンプルライフに活かす方法

マインドマップとは何か マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・

記事を読む

室内でも一年中とても元気な観葉植物 シマクワズイモ (ヒメクワズイモ)

シンプルライフと観葉植物 シンプルライフでは部屋にスペースが増えるので今までスペースを

記事を読む

見栄を張ることをやめると、余計な苦しみから解放され自然体で生活できる

誰しも他人からよく思われたいとか嫌われたくないと思うのは普通ですが、その意識があまりに強くなると

記事を読む

仕事を辞め8000ドルで買った中古キャンピングカーに乗り旅する男

via Yahoo! Homes 車内で過ごす一日 仕事を辞め旅に出た 車

記事を読む

選択肢の多さが脳を疲弊させ、無意識に満足感まで削ぎ落としている

【TED】バリー・シュワルツ氏が語る、選択のパラドックスについて 字幕が速くて読め

記事を読む

アンチ・ブラックフライデー 過熱する年末商戦と反消費主義の出現

ブラックフライデーの思惑 ブラックフライデーといえばアメリカで毎年11月の第4木曜日に感謝

記事を読む

ミニクルーザーが生活圏のスマートな移動手段として普及してほしい

Photo by コンパクトに持ち運べる乗り物 自力で持ち運べる乗り物はせいぜい折りた

記事を読む

kindle

Kindleで読めるシンプルライフ・ミニマリスト本33選

シンプルライフやミニマリストに興味があるけれど、本を買い漁って物が増えるのは本末転倒です。

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑