玩物喪志 (がんぶつそうし) 古代中国の言葉から人生の教訓を学ぶ

公開日: [ 約2分で読めます ] シンプルライフ, ミニマリスト

ganbutsusoushi

がんぶつ‐そうし〔グワンブツサウシ〕【玩物喪志】
《「書経」旅獒(りょごう)の「人を玩(もてあそ)べば徳を喪(うしな)い、物を玩べば志を喪う」から》珍奇な物に心を奪われて大切な志を失うこと。

引用元:goo辞書

昔から物欲にまみれた愚か者が存在した

私たちの人生の大・大・大先輩にあたる古代中国の人たちの中にもこうした言葉が生まれるほど、物欲に目を眩ませた愚か者が存在したという事です。儒教思想が根付いた土地柄なのでが人間を形作るものとして重要視されていました。

人を侮ったり見下すことは徳を喪うことに繋がります。そして目新しい物によって人生を翻弄されると一番大切な目標や志を喪うという事を説いています。当時の言葉ですが現代にも当てはまるどころか、余計に物欲の刺激が強い世界になってしまいました。

常識をくつがえせるか

物を買うために働き住む場所も固定され、そこで一生の大半を過ごすという人生を送っている人が大多数です。本来持っていたであろうも社会に揉まれることで、すり減ってしまうのではないでしょうか。

生まれてから育児や進学に金を使い、社会に出ても社会的ステータスを保持するため物に金を使い、亡くなった後のお墓にまで金をかけるというお金と物にまみれた生活を余儀なくされています。

別に誰からの指示でもありませんが、まわりがよい学校や勉強に力を入れているから、まわりが持ってるから自分だけ持たないのは浮くから、先祖も葬式をあげ墓石の下に眠っているからなど当然のルールだから自分も守らなければならないという先入観に陥ってしまうのです。

当たり前の事を周囲の反発を振り切って変えていくには相当なエネルギーが必要です。残念ながら今の日本では物欲にまみれた人が大多数なので、志が削ぎ落とされてしまった腑抜けのような状態です。中国も古代中国とは比べものにならないほど腐っており、賄賂漬けの国家はもはや古代の面影はありません。

身軽さこそ最強の世渡り術

この腑抜け状態から脱し本来の志を取り戻すには、やはり物から自分を引き離すのが一番効果的な手段だと思います。物に執着しなくなった人間は今まで物に費やしていたお金やエネルギーを志へ一点集中できるので、愚か者よりも格段に早く目標を達成できたり、満足のいく成果を収めることが出来るでしょう。

そうした人から見れば物などただのぜい肉に過ぎず、ぜい肉どころか内蔵を知らぬ間に腐らせる異物のように見えるでしょう。誰しも完璧に心を研ぎ澄ませというわけではなく、後からお金やエネルギーの使い道を後悔することのないよう、あらかじめぜい肉を減らしておくと身軽で動きやすいよという話です。

スポンサーリンク

関連記事

洗顔なんて水で軽く洗い流す程度で健康な肌を保てる

テカテカする皮脂に悩まされる日々 私は今でこそ髪から全身にかけて水・ぬるま湯・お湯だけで洗

記事を読む

1つ2役やトランスフォームする省スペース思考な家具たち

via Space-saving design ideas 家具の兼業や省スペース化を考え

記事を読む

アンチ・ブラックフライデー 過熱する年末商戦と反消費主義の出現

ブラックフライデーの思惑 ブラックフライデーといえばアメリカで毎年11月の第4木曜日に感謝

記事を読む

【TED】生きるのはラクだ、なぜ私たちは困難な方を目指すのか?

Jon Jandai(ジョン・ジャンダイ)さんはタイ北東部で農業を営んでいる普通の男性です。

記事を読む

レンガブロックを積み上げるだけの簡易ロケットストーブの作り方

ロケットストーブといえば燃焼効率の良くシンプルな構造なので、ペール缶などを加工して自作できること

記事を読む

525ドルで買えるマイホーム!? ポーランドの建築家がデザインしたコンパクトハウス

via Culture.pl ポーランドの建築家Aleksander Kawiński(ア

記事を読む

改造軽トラで作る1.6畳のモバイルハウスは人生の楽園か? NHK 所さん!大変ですよ

NHKで2017年5月25日放送の所さん!大変ですよで軽トラックを改造して作るモバイルハウスで車

記事を読む

室内でも一年中とても元気な観葉植物 シマクワズイモ (ヒメクワズイモ)

シンプルライフと観葉植物 シンプルライフでは部屋にスペースが増えるので今までスペースを

記事を読む

出羽島プロジェクト お金のいらない島(国)でギフト経済は実現するのか?

Photo by とくしまグリーン・ツーリズム お金が支配する社会からの脱却 現代社会で

記事を読む

アラン・ワッツ 生誕100周年 タブーを解き明かし自分らしく生きるための哲学

Photo by @AlanWattsDaily Alan Watts(アラン・ワッツ)は

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑