アメリカ海兵隊を辞めて禅僧になった男

公開日: 最終更新日:2016/11/29 [ 約3分で読めます ] シンプルライフ, ミリタリー

from-usmarine-to-zenmonk

瞑想との出会い

禅僧として生きる道を選んだスコットさんはもともとアメリカ海兵隊で航空技師の仕事に就いていました。

結婚し子宝にも恵まれ幸せな家庭を築いていたスコットさんに転機が訪れます。

スコットさんが当時25歳だったころ生後わずか4ヶ月の息子が突然息を引きとりました。

幸せだった家庭が瞬く間に崩壊し、妻や他の子たちとも離れて生活するようになりやがて離婚します。

一人になってしまったスコットさんは色々な場所へ行き様々なものに出会います。その時に瞑想というものに出会いました。

瞑想を通して知り得たことは私達は皆同じであるということ。軍隊で叩き込まれた国家同士や個人も一人ひとり違うという分離の考え方とは相反する思想に衝撃を受けました。

その後スコットさんは大学院で財政学を学びます。やがて銀行業務や法人財務に携わることになります。ブローカーや財貨トレーダーと呼ばれる仕事はまさにお金がすべての世界でした。

血の通っていないような人間たちが繰り広げる魂のこもっていないビジネス。その中でお金という魔物に振り回される人々を目の当たりにしました。

すぐにこの世界から離れたいという本能がはたらき退職することを選びました。そして瞑想をきっかけに思い続けていた禅僧になることを決意します。

彼の生活は普段の生活と密着しています。お寺には住まず住宅街のなかに身を置き、朝は自宅で瞑想、午後は駅前へ托鉢(生活に必要な最低限の食糧などを乞い、信者に功徳を積ませる修行)に行きます。

始めたころはただでさえ背丈のある男の顔が西洋人だったので珍しがられたそうですが、何度も通っているうちに馴染んだようです。

創造から平和は生まれない

週に一度は知り合いの禅僧のお寺へ数時間ほど坐禅を組みに行きます。坐禅をすることで精神を緩やかに整えることができます。

また過去や未来の時間軸からも解放され、あるべきその時に嵌め込んでくれるそうです。

人は常に知識を欲しあらゆる情報を詰め込んでしまいがちですが、事実やデータを学び技術や哲学を学ぶと物事の本質はただひとつだけであり、詰め込んだ情報によるストレスプレッシャーから解放されます。

いかに知識の量が多くとも、経験に代えることはできない。

日本から遠く離れた外国からやってきた西洋人はそうした真理にたどり着きました。

私達は未来の中で考え、過去の中で考えがちである。私達があるべき時を過ごす時間はとても少ない。

生活する中で様々な考えや欲望が頭に浮かびます。しかしいちいち立ち止まって判断せず放っておくことが大事だと言います。

人々はより便利により平和で豊かな生活を目指しこの世界を創造してきました。しかし現実は多くの犠牲を払いごく一部の人間の理想郷を作り上げてるに過ぎません。

人間は何か創造せずとも平和であるという本質を知れば何も作り出す必要がないのです。

私達はただ私達が何者かを知りたいがために生き、その中で学ぶべきことは私達はすべてであると共に何者でもないということです。

スポンサーリンク

関連記事

MUJI無印良品:Good enough Living つつましく、満ち足りたくらし シンプルな生活用品の数々

無印良品からシンプルライフやミニマリストを明確に意識したコンセプト動画が公開されました。 いか

記事を読む

アラン・ワッツ 生誕100周年 タブーを解き明かし自分らしく生きるための哲学

Photo by @AlanWattsDaily Alan Watts(アラン・ワッツ)は

記事を読む

パリの小さなアパートの一室をリノベーションしたシンプルライフ向け住居

生活道具をクローゼットの中に凝縮 パリのとある小さなアパートの古びた一室をリノベーションしたら、と

記事を読む

シンプルライフやミニマリストなどのキーワードから今後成長する分野なのか予測する

キーワードから大きな流れを読み取る 記事を書き続けるにあたり日々しっかりと記事を書くことはもち

記事を読む

so706i

私がガラケーを使い続ける理由、スマホはガラケーを超えたか

私がガラケーを使い続ける理由 私は今でもガラケーを使っています。ドコモのSO706iという機種

記事を読む

黒いジャーマントレーナーの靴紐(シューレース)を交換

ジャーマントレーナーといえば白い方が多く出回っていますが、黒いジャーマントレーナーもあります。

記事を読む

出羽島プロジェクト お金のいらない島(国)でギフト経済は実現するのか?

Photo by とくしまグリーン・ツーリズム お金が支配する社会からの脱却 現代社会で

記事を読む

kindle

Kindleで読めるシンプルライフ・ミニマリスト本33選

シンプルライフやミニマリストに興味があるけれど、本を買い漁って物が増えるのは本末転倒です。

記事を読む

スウェーデン軍 カトラリーセット(ナイフ・フォーク・スプーン) 王冠マークが美しい

軍用品カラトリーの代表格 ミリタリーカラトリーで一番代表的なのがこのスウェーデン軍のカラト

記事を読む

身軽になるために物を減らすことのデメリットは何か

当ブログでは散々モノを減らすことを推奨するような記事を書いてきましたが、今回は逆にモノを減ら

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑