マインドマップで思考を可視化する、FreeMindをシンプルライフに活かす方法

freemind

マインドマップとは何か

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

引用元:Wikipedia

頭の中でいろいろな事を整理するのは大変です。また時間が経つと忘れてしまいます。
紙に鉛筆やペンを使ってアナログなマインドマップを作ることもできますが、自分の場合は頻繁に書き換えたり消すことが多いので、いまひとつ効率的ではありません。

そこでデジタルデータとして保存できるツールが無いかと探し回りました。
しかしマインドマップのツールは高機能なうえに有料なのが多くて、わざわざ購入するまでには至りませんでした。

さらに探していると無料で配布されているツールを見つけました。それがFreeMindというフリーソフトです。
有料で売っているソフトに比べ機能面では劣るかもしれませんが、その分必要最低限の機能はしっかりと備えており十分に使えるソフトでした。

シンプルライフと相性のよいツール

FreeMindはシンプルライフを実践するうえで、頭のなかの漠然としたイメージを可視化させることのできる便利なツールです。
例としてシンプルライフでマインドマップをざっくりと作ってみました。
mindmap
このような感じで項目ごとに分けて、深く掘り下げていくことができます。
簡単に項目の追加や削除ができるのが紙にはできない利点だと思います。

今自宅にあるものや目標、欲しいモノや捨てたいモノなどゴッチャになっていますが、シンプルライフを軸としてそこから枝がそれぞれ伸びているので、全体としてはまとまって見えます。

事あるごとに何度も見返して、いまの方向性にズレがないかチェックしたりするのに最適です。
ちょっとだけツールの力を借りて、頭のなかもスッキリ整理させ、よりシンプルな生活を目指しましょう。

FreeMind プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP