ECWCS(エクワックス) Gen3 ポーラテックフリースジャケット Gen2からの改良点


以前ECWCS Gen2(第2世代) ポーラテックフリースジャケットの古着をブラッシングで毛並みを復活させて着ていましたが、アメリカ規格のLサイズはさすがに大きすぎたので、今回新たにGen3(第3世代)のデッドストック品を入手しました。

新品同様なのですでにモコモコでブラッシングする必要はありません。

Gen2に比べて在庫数も多いのか若干価格も低めなのでポーラテックフリースを低価格で入手するには良い選択かもしれません。

Gen2はブラックが基本色でしたが、Gen3ではフォリッジグリーンとコヨーテの2色があります。

Gen3を忠実に再現したとされる商品(レプリカ)にはなぜかブラックもありますが、素材がポーラテックフリースではないのでご注意ください。


私は身長が180cmを超えていますがMサイズで丁度よい感じでした。

Gen2は裾にドローコードが付いているので紐を絞ればある程度調整できましたが、Gen3では無くなってしまったので余計に体にフィットするサイズを選んだ方が良さそうです。

裾を絞れると下から冷たい空気が入り込むのを防げるので便利な面もありました。


また脇の部分にあったファスナーで開閉できるベンチレーションも素材の機能性が向上したことで無くなってしまいました。

サイドの切り替え素材はパタゴニアのR2ジャケットを彷彿とさせます。

そもそも湿気がこもりにくい構造ですが、わかりやすいベンチレーションを備えたGen2が好みだった人も多いでしょう。


肩や肘が摩擦に耐えられるよう補強されていたり、胸元のワッペンやネームパッチを貼れるベルクロテープがいかにもミリタリー仕様です。

ファッション性よりも実用性を重視して作られているため、好き嫌いは別れるでしょうが個人的には好みのデザインです。


驚きなのは日光に当てると透けるほどの薄さなのに着るとしっかりと暖かいところです。

非常に通気性が高いので強風に当たると暖かさが失われますが、この風通しの良さによって蒸れるのを防いでいるのでしょう。

ECWCSは気温や天候によって何枚も重ね着して調整するレイヤリングシステムなので、フリースだけで防風から何まですべての機能が備わっているわけではありません。

フリースの上から防風性能の高いアウターを重ね着することでフリースの性能を最大限に発揮させることができます。

Gen2は見るからにタフなフリースという感じでしたが、高機能だけれど薄手のGen3がどのくらい耐久性に優れたフリースなのかは何度も着ていくうちにわかるでしょう。

ECWCS Gen2 ポーラテックフリース 古着を洗濯とブラッシングでお手入れ


実物 米軍 ECWCS フリースジャケット