初代デジモン(デジタルモンスター)の携帯液晶ゲーム機を発掘した

公開日: [ 約2分で読めます ] ガジェット

digimon-1
ちまたではポケモンGOが空前のブームとなっており、多少落ち着いたとも言われていますがレアなポケモンが湧く巣のようなスポットには溢れんばかりの人集りでまだ熱が冷めやらぬと言った感じです。

今やスマホは常に手放せない物となり、どこかへ行くついでにアプリを起動するだけで遊べるので、非常に手軽なこともこれまでの携帯ゲーム機とは大きく違うところです。

そんな時期に机の引き出しから妙に懐かしい物を発掘しました。デジモン(デジタルモンスター)の携帯液晶ゲームです。

デジモンはポケモンが流行った後に登場したのでポケモンのパクリのような気がしますが、どちらかというとたまごっちをパクったというかインスピレーションを受けて作られたものです。

たまごっちは今でこそ通信できたりしますが、基本的には1台で完結して卵から大事に育てるのが目的なのに対して、デジモンは対戦できるたまごっちとも言うべき特徴があり、ゲーム機同士を接続して遊べる機能が当時は新鮮でした。

驚いたのがボタン電池を入れて見たところ2台とも普通に起動した事です。1997年に発売された製品が何事も無く使えることはちょっと感動します。

digimon-2
この初代の緑と赤のバージョンは古いものなので価値があるらしく、ヤフオクで調べてみたところ1台4000円と高値で取引されているようです。

デジモンはアニメも有名ですが元は携帯液晶ゲーム機が最初なので、ポケモンがアニメより先にゲームボーイソフトとして販売したとの似ています。

バンダイが液晶玩具として販売した製品ですが、当時の製品は中国製であってもしっかりと作られていたんだと時の経過が証明してくれました。

digimon-3
初代デジモンはまだバッテリーセーブ機能が搭載されておらず、常に液晶が付いたままなので電池の消耗が激しいと思われます。

それでも子供が簡単に操作できるように、3つのボタンのみのシンプルな操作性はよく考えられています。

キーホルダー型のゲーム機はデジモンの他にたまごっちやテトリスなど本物だけでなく偽物も含めて、各地のおみやげ屋などでたくさん売られていた記憶があります。

いま携帯液晶ゲーム機をバッグなどにぶら下げていたら、逆に新鮮に見えそうな気がします。

多様化が進み一過性のブームが起こりにくい時代になってきましたが、ポケモンGOで瞬間的に高まった熱量を見る限りでは、何かきっかけさえあれば、人の興味は集約するのだなと改めてわかりました。


デジモンワールド – next 0rder –

スポンサーリンク

関連記事

Wekey Pocket 極限まで薄く100グラムを切る軽さの折りたたみキーボード

普段ブログの記事をノートパソコンで書いていますが、スマホもあることだし極薄で折りたためるキーボー

記事を読む

Infinity Cube(インフィニティキューブ/無限キューブ) 本物と偽物では遊び方に違いが出る

Photo by Kickstarter ハンドスピナーの大流行でFidget Toys(

記事を読む

とあるデザイナー兼企業家の持ち物やインテリアから人となりが見えてくる

他人の持ち物を見るのは楽しい 自分の持ち物をSNSなどにアップしてリアクションしてもらうのが好きだ

記事を読む

Creative(クリエイティブ) EP-630 格安でも中低音がしっかりと鳴るカナル型イヤホン

※写真はEP-650 ほどよいイヤホンを探す 私は音楽を聴く時もPCを触っているときもほ

記事を読む

CASIO DATA BANK(カシオ データバンク) 電卓やカレンダーなど多機能な腕時計

ウェアラブルの先駆け 携帯電話やスマートフォンの登場によって腕時計の市場はかなり落ち込んでいま

記事を読む

Foot Rubz(フットラブズ) アウトドアやスポーツ後のフットケア用に開発された足裏マッサージボール

足裏マッサージの決定版 Foot Rubz(フットラブズ)はアウトドアやスポーツなど足裏の筋肉

記事を読む

安すぎるマグネシウムファイヤースターター 火打石の実力を検証する

隠れたヒット商品 Amazonでひそかに売れ続けているヒット商品があります。 それがマグ

記事を読む

CITIZEN ANA-DIGI TEMP(シチズン アナデジテンプ)の電池交換と流通量について

デジタル時計の電池交換 長らく愛用しているANA-DIGI TEMP(アナデジテンプ)の電

記事を読む

BRITA(ブリタ) リクエリ ペットボトルのミネラルウォーターからポット型浄水器に変えるメリット

もうかれこれ10年かそれ以上BRITA(ブリタ) リクエリというポット型浄水器を使い続けてい

記事を読む

Xperia Z5 Compact SO-02H 初スマホはまたしてもSONY(ソニー)端末を選んでしまった

ガラケーからスマホへ ついにというか意外にあっさりとXデーは訪れました。2016年にし

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑