12月は大掃除にかこつけてシンプルライフを自然な流れで始めるのに最適

公開日: [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

clean-up

世間もモノを捨てる時期

12月はこの1年で溜まったホコリやゴミを綺麗にして気持ちよく年を越すために大掃除が行われます。大掃除を始めるのは昔から13日をすす払いとして掃除を始めるのに最適な時期だそうです。

13日を皮切りに天候の良い晴れた日を選んで行っていくのがよいでしょう。そして12月はシンプルライフを始めるにも最適な時期です。世間的にも大掃除でたくさんゴミを処分するので、自分が大量にゴミを捨てても目立ちにくいです。

12月以外だと引っ越しの準備か他に何かあったのかなど隣人が疑問を抱くかもしれません。12月であればいくら大量にゴミを処分しようが大掃除してるんだなくらいにしか思われないはずです。

世間体を気にする人はぜひ12月からスタートさせることをオススメします。夏場に大掃除は汗だくになりそうで最悪ですし、冬服を引っ張り出すのも一苦労です。

暖かい季節よりもかさばる荷物がすでに出された状態なので片付けがしやすいです。掃除は思った以上に体を動かすので、少し肌寒いくらいが丁度よい気温になります。

一度に掃除をするよりは何日かに分けて行った方が焦らなくてよいです。これまでの大掃除よりも出すゴミの量が増えると思うので計画的な判断が必要です。

勢いで始めるシンプルライフ

12月に身のまわりを綺麗にして新年と共にライフスタイルを変えることは、区切りが明確で気持ちの切り替えもスムーズにいきます。

年末年始はまとまった時間が取りやすくシンプルライフに切り替えてすぐ環境に馴染めなくても、休みの期間である程度対応できる余裕があるので気持ちが楽だと思います。

捨てることだけでなく新たに必要になるモノの買い出しなど、普段の仕事がある日常のサイクルのなかで徐々に進めていくよりも年末であれば一気に押し進められるので勢いでシンプルライフへ早変わりが可能です。

優柔不断でなかなかモノを捨てられない人は、勢いにまかせて決めた期間で計画的に片付けるのが一番です。計画を組んで実行しやすいのが12月なので、この機会を逃すと多分またダラダラしてしまいます。

世間並みにゴミを捨てるだけでもその分買わなければ自然とモノは減っていきますが、それができる人は珍しいです。捨てる分だけ次に買うものを吟味すると無駄なモノが増えるのを抑えられます。

月初めにやんわりと計画を立て始め中旬くらいから徐々に大掃除を開始して、スッキリと片付いた部屋で年末年始を過ごしながらシンプルライフを満喫しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

ゴミ箱

使い捨てる物からの脱却

使い捨てる時代は終わった 使い捨て○○というとあなたは何を想像しますか?一昔前まではこうし

記事を読む

ひとり

ひとりでも生き抜く勇気を持っているか

Photo by GabPRR インターネットによる過剰な結びつき 現代社会では子どもに

記事を読む

髪の毛

シャンプー・石けん無しで四季を過ごして感じたことまとめ

不安だった夏を越してもうすぐ1年 私は昨年2013年の10月ごろからシャンプーによる洗髪や石け

記事を読む

日本の家庭に掃除機は必要か? ほうき・モップ・粘着ローラーなどで代替可能

Photo by USAG- Humphreys 日本にいつ掃除機が普及したのか調べてみる

記事を読む

子猫

日常生活からサバイバルにも役立つ、身近な万能アイテム8つ

身近なモノからそろえる サバイバルグッズは種類も多く、買い始めるとキリがありませんが、身近

記事を読む

シンプルライフやミニマリストなどのキーワードから今後成長する分野なのか予測する

キーワードから大きな流れを読み取る 記事を書き続けるにあたり日々しっかりと記事を書くことはもち

記事を読む

MUJI無印良品:Good enough Living つつましく、満ち足りたくらし シンプルな生活用品の数々

無印良品からシンプルライフやミニマリストを明確に意識したコンセプト動画が公開されました。 いか

記事を読む

iHerb(アイハーブ)でオーガニックな自然食品やサプリを個人輸入すると止められなくなる

日本では知る人ぞ知るiHerb(アイハーブ)ですが、自然商品を販売するオンラインショップとしては

記事を読む

ロバ

シンプリスト・ミニマリスト・サバイバリストを動物に例えると特性が明確になる

シンプリストを動物に例えるとロバ ロバは小柄だが、力強く小回りも利き頭もよい。サラブレッドより

記事を読む

【映画】この世界の片隅に 戦時中の極貧生活やたくましく生きる人々の姿を描いた戦争アニメ

Photo by Makuake 漫画家こうの史代さんの原作『この世界の片隅に』が片渕須直

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑