クリップを曲げたやつでルーターをリセットする日々

clip-use

押しにくいボタンを押すために

クリップ1本のためにわざわざ記事を書く人はなかなかいないと思いますが、ネタが思い浮かばなかったので書きます。

最近PCに繫いでいるルーターの調子が悪く頻繁に接続が切れます。頻繁といっても一日一度くらいですが7~8年使っているルーターなのでいつ壊れても不思議ではありません。

ルーターを再接続させるためにリセットする必要があるのですが、ルーターの背面にある小さな穴にあるボタンを押さないとリセットできません。

ACアダプタを引っこ抜いてもリセットされたような感じになりますが、あまりルーターによいことではないはずなので律儀にリセットを繰り返しています。

その小さな穴に入るものが意外と見つからなくて、シャーペンの先や爪楊枝を使っていました。しかしシャーペンの芯ではボタンが黒く汚れるし、爪楊枝はちょっと先端が尖りすぎてボタンに傷が付きそうで嫌でした。

他に代わりになるものがないか探した末にたどり着いたのがクリップを曲げて加工したものです。これなら先も尖ってないし汚れる心配もありません。

新しいルーターに交換するのが一番手っとり早い解決策ですが、まだ使えそうなので新しいルーターを買うまではお世話になるでしょう。

ノートPCにも裏側に似たような穴の中にリセットボタンがある構造なので使ったことがあります。最近ではスマートフォンのSIMカード取り出しなどで検索すると同じようにクリップを曲げて使っている人もいるようです。

取り出し専用の器具もあるようですがクリップで事足りるのでしょう。クリップも伸ばしてしまえば針金なので多目的な使い方ができます。安全ピンと並んでEDCに入れても優秀です。


【ピカス】iPhone4/4S/iPad2用 SIMカードスロット取り出しピン 5個