北朝鮮から弾道ミサイルが発射され着弾するまでの数分間に何が出来るか?

公開日: [ 約4分で読めます ] サバイバル, 世界, 防災


Photo by Stefan Krasowski

最近急激にきな臭くなってきた朝鮮半島情勢ですが、明確に敵国認定されている日本も他人事ではありません。

中東やヨーロッパでの紛争はまだ距離が離れているので対岸の火事という意識が強いですが、朝鮮半島は日本から目と鼻の先にあるので、有事の際には影響を受けることは避けられません。

北朝鮮にはすでにスカッドやノドンという対日本用の弾道ミサイルが配備されており、それらが発射されてから着弾するまでの時間はおよそ8分~10分ほどと言われています。

警報はミサイル発射と同時に鳴るわけではないので、警報を知るころにはさらに時間が差し迫っていると考えられます。

弾道ミサイルが発射される前からの対策、そして警報を知ってから着弾するまでにできることをそれぞれ確認していきたいと思います。

事前対策

Jアラート(全国瞬時警報システム)

緊急地震速報・警報・有事サイレンといった非常時を知らせてくれるシステムです。

一番手軽なのはスマホアプリをダウンロードしておく事で、スマホを持ち歩いている間に何か起きたとしても状況を把握することができます。

NTTドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアメールで防災訓練の日などに通知が着ていればアプリを入れる必要はありませんが、視覚情報として見やすいので入れても良さそうです。

【Yahoo!防災速報】iPhone / Android

弾道ミサイルは着弾するまで事態がわかりにくいので、Jアラートを確認後テレビやラジオを付けることが推奨されています。

このような音は出来ることなら聞きたくありませんが、実際の放送例を聴いて種類を把握しておくといざという時に落ち着いて行動できます。

標的にされそうな地域から離れる

在日米軍基地の周辺や主要都市から離れることで危険に遭うリスクを下げることが出来ます。

ただし現実的には地域に定着して生活している人がほとんどで、誰でも都合よく移動できるわけではありませんが、命を最優先するのであれば日本から離れる選択肢も視野に入ります。

核シェルターを用意する

日本ではほとんど普及していない核シェルターですが、海外では割りと普及しておりスイスやイスラエルではなんと100%だそうです。

各家庭が持つというよりは国家プロジェクトとして収容スペースを設けていると思うので、日本では外国からの攻撃に対する危機意識が低いのではないかと思います。

日本核シェルター協会

避難場所を確認しておく

見知らぬ地で非常事態になったら仕方ないですが、自宅や職場などよくいる場所で起きた時にどこへ避難するか前もって決めておくと時間ロスを抑えられます。

警報から着弾まで

とにかく建物の中に入る

着弾直後の身体に致命的なダメージを与える閃光と衝撃波を避けるために近くの建物へ避難しましょう。

現代の建物は原子爆弾が投下された当時の広島・長崎は木造住宅がほとんどだったので、鉄筋コンクリートの頑丈な建物へ避難すれば建物ごと吹き飛ばされる可能性は低いです。

窓際から離れる

衝撃波によって粉砕されたガラスの破片が飛び散り怪我をする危険があるので、カーテンを閉めてなるべく窓際から離れることが大切です。

地下や建物の中心部に身を潜める

建物の内部に入ればそれだけ緩衝材になるので、地下鉄の通っている都市部ではまず地下鉄駅の入り口を目指して避難するようにしましょう。

地下鉄や地下室のない場所ではとにかく建物の中心部へ避難すると外からの影響を受けにくいです。

2017年3月には秋田県で弾道ミサイルを想定した全国初の住民避難訓練が行われ、そこでも地域の公民館や小学校の体育館への室内避難が実施されました。

まとめ

弾道ミサイルといっても核弾頭を搭載していない局地的なミサイル攻撃、またサリンやVXガスなどの化学兵器や工作員のテロ攻撃など、有事にはあらゆる危険に備える必要があります。

とはいっても無力な一般市民が生き残るために与えられる時間はわずか数分なので、その中でいかに行動するかで生死が分かれることもあります。

一触即発の危険が迫っているにも関わらず、テレビではくだらないニュースやバラエティー番組が放送され平和ボケだと叩かれることもあります。

かといって毎日重苦しい雰囲気で過ごすのも気が休まらないので、日々備えを怠らず知識を深めることが一番の自己防衛となるでしょう。


新版 北朝鮮入門

スポンサーリンク

関連記事

巨大地震が起きたら何よりも優先して確保すべきもの

Photo by RIBI Image Library 2016年は4月に熊本地震があり1

記事を読む

第四次産業革命 インダストリー4.0 先進技術による人間と社会構造の常識を覆す大変革

人類は長い歴史の中で3度の産業革命を経験してきました。 第一次産業革命では石炭を燃料とした

記事を読む

GENTOS(ジェントス) EX-777XP ロングセラーの暖色LEDランタン

東日本大震災を機に非常時の照明を探していたところ、このLEDランタンに出会いました。LEDラ

記事を読む

ロスコ 550LB パラコード (パラシュートコード) ロープワークを覚えておくと役立つかも

ロープを携帯する 日常的にロープを持ち歩いてる人が日本にどれだけいるか、おそらく驚くほど少ない

記事を読む

ロバ

シンプリスト・ミニマリスト・サバイバリストを動物に例えると特性が明確になる

シンプリストを動物に例えるとロバ ロバは小柄だが、力強く小回りも利き頭もよい。サラブレッドより

記事を読む

FOX40 マイクロ 災害時に本当に使えるホイッスル(救助笛)は何か?

災害時に自分の居場所を知らせるためにホイッスル(救助笛)があるとより生存確率が高まります。

記事を読む

スリングショット(パチンコ)の進化形 ポケットショット ペットボトルとゴム風船で自作も可能

via thepocketshot.com 狩猟の自由は誰にでもある スリングショッ

記事を読む

eBayで買った怪しげな中国直送ファイヤースターターの実力を検証する

以前Amazonで100円前後で売られているファイヤースターターの検証を行いましたが、今回はeB

記事を読む

sol emergency blanket1

コスパ最強の防寒・保温対策 SOL ヒートシート エマージェンシーブランケット

羽織るだけで雨風を防ぎ、体温低下を抑える 外出中に突如災害にあってしまい交通機関が麻痺し、

記事を読む

空き缶のプルタブで自作した釣り針でも魚を釣ることができる

釣りはもともと食料調達のために水中の魚介類を捕獲する手段として行われていましたが、時代を経て釣り

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    着弾時間に間違いがあります。現在北朝鮮から発射されるミサイルは飛距離1000km級で発射から着弾まで約2分とされております。北朝鮮から遠い場所ですら2000km程度であり、せいぜい4分です。
    で肝心のJアラートですが、今まで北朝鮮からのミサイルで反応したのは事前予告されていた1本のみで、予告がなかったミサイルは全てアラームが鳴らなかった、または着弾(秋田沖など)してから鳴ってました。戦争で普通は事前予告しないので、現状全く反応出来ないって事ですね。仮に発射と同時に鳴ったとしても4分程度じゃ何も出来ません。
    それに標的にされそうな地域から離れる(避難場所の予習・建物に入る)はほぼ無駄になります。なぜなら長距離型ミサイルは少しずれると着弾位置が大きく変わるからです。仮にここだと決めていても、その時の状況により避難予定地に着弾する可能性があるからです。なので事前に場所指定する事は我々には出来ません。それと相手は核所持国です。いくら建物に避難しようが核を打ち込まれたら全て吹っ飛びます。また避難場所が着弾されずとも、ミサイル着弾による2時災害によってその場所が使えなくなる可能性もあります。実際に着弾し、状況を把握してから行動するのがもっとも最適です。
    ここに掲載されている中で一番効果が高いのは核シェルター設置でしょう。ただし核だった場合、着弾から有害物質が除去されるまで最低2週間掛かるとされているので、シェルター内で2週間以上、家族が生活出来る食料や規模や環境を整えておく必要があるでしょう。それに地震大国の日本ではメンテナンス費用がかなりかかるでしょう。維持費等を考えた場合、可能なのは一部の金持ちだけで一般人には現実的ではないですね。
    そう考えたら一般人に出来る事は災害時に動けるように体を鍛えておく、避難用の食料や道具を揃えておく、そして着弾しないように祈る事だけですね。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑