魚の養殖と水耕栽培をミックスしたアクアポニックス・グリーンハウス

公開日: [ 約2分で読めます ] エコロジー

aquaponics-greenhouse-1

アクアポニックスとは?

近隣にはビルも建ち並ぶ都市の一角に温室のような建物があります。それはただの温室ではなく、魚の養殖と水耕栽培を同時に行う画期的なシステムを取り入れた農園です。この自然のサイクルをうまく利用したのがアクアポニックスと呼ばれる先進的な仕組みです。

aquaponics-greenhouse-2
中に入ると温室らしくたくさんの植物が栽培されています。基本的に食べられる野菜が多く植えられています。この温室内には水槽がありそこで魚が育てられています。

aquaponics-greenhouse-3
この大きな魚はティラピアでしょうか。淡水魚ですが味は鯛に近いらしくとても美味らしいです。

aquaponics-greenhouse-4
水槽から出た水はまずフィルターで濾過され生物に有害なアンモニアなどはバクテリアによって分解されます。

aquaponics-greenhouse-5
魚の糞を分解して栄養豊富になった水が今度はハイドロボールが敷き詰められたハイドロカルチャーエリアに注がれ野菜はその水を肥料にすくすくと育ちます。

aquaponics-greenhouse-6
そこから伸びたミニトマトですが、縦横無尽に温室内にツルを張り巡らせ、頭上まで伸びたミニトマトのトンネルのような感じになっています。

aquaponics-greenhouse-7
ハイドロカルチャーの容器には野菜がギッシリと植わり、どれもみずみずしく美味しそうです。水は自動で循環しているし魚の糞が肥料の代わりになっているので、ほとんどほったらかしで収穫できるのではないでしょうか。

aquaponics-greenhouse-8
水に強い野菜は水だけで栽培されポットにそのまま入れられています。土がないので根がまっすぐ伸びています。

aquaponics-greenhouse-9
栽培スペースを最大限に活かしたタワー型の植木鉢。

省スペースで生産効率よし

水槽の魚の糞や餌で汚れた水はフィルターとハイドロボールで濾過され野菜が栄養として吸収してきれいな水に戻ります。

水は常に循環しているので多くの水を使わずに野菜を育てることができます。魚の糞が分解され栄養になるので、常に栄養豊富な水が供給され肥料も必要ありません。

自然のサイクルを温室内で簡略化して行うことで、狭いスペースで多くの食料を育てることができます。天候による気温や湿度の影響も少なく安定した生産性が可能になります。

こうした環境負荷の少ないシステムが今後増えていけば、持続可能な街づくりのために役立つと思うので、さらに研究が進めばよいですね。

スポンサーリンク

関連記事

100%再生可能なダンボールで作られたスタンディングデスク Refold

Refold – So much more than just a desk &n

記事を読む

ゴミ処理を焼却よりも燃やさず減らすZero Waste (ゼロ・ウェイスト) という考え方

ゴミを出すことをやめる努力 Zero Waste(ゼロ・ウェイスト)とはイギリスの経済学者

記事を読む

ユニクロに文春砲が炸裂!格安商品は過酷なブラック労働で成り立っているのか?

Photo by Jun OHWADA 2016年12月8日号の週刊文春にてユニクロ潜入一

記事を読む

Vornado(ボルネード) サーキュレーター 室内の空気を循環させ多目的な用途に使える

我が家では春先から活躍し始めるのがVornado(ボルネード)のサーキュレーターです。 私

記事を読む

地球少女アルジュナ 時代が10年早すぎた原発・環境問題・自然農などがテーマの問題作アニメ

時代を先取りし過ぎた作品 地球少女アルジュナは2001年1月から3月まで地上波で放送さ

記事を読む

525ドルで買えるマイホーム!? ポーランドの建築家がデザインしたコンパクトハウス

via Culture.pl ポーランドの建築家Aleksander Kawiński(ア

記事を読む

上勝町はゴミの資源化率80%以上の世界が注目するリサイクルタウン

上勝町(かみかつちょう)は徳島県の山間にある小さな町で、1993年以前は高齢化が進むよく

記事を読む

coincheck(コインチェック)でんき 電気代をビットコインで支払ったり付与されるサービスで電気料金を見直す

2017年は仮想通貨元年といわれ、三菱東京UFJ銀行がMUFGコインという独自の仮想通貨を一般利

記事を読む

多摩川水系でガサガサ(タモ網で魚採り)するのは犯罪!? 外来種を放流することの是非

Photo by ajari 在来種を集めたビオトープを作りたい 日本在来の動植物で

記事を読む

テンダーの電気・ガス・水道料金ゼロの暮らしは時代を先取りする生き方なのか?

公共の電気・ガス・水道という生活に必要なライフラインに一切契約することなく暮らしている人がいます

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑