映画『365日のシンプルライフ』に学ぶ自己との向き合い方

公開日: 最終更新日:2014/09/23 [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

365日のシンプルライフ

自分にとって本当に必要なものは何か

映画『365日のシンプルライフ』は監督・脚本・主演を務めたペトリ・ルーッカイネンがまさしく体当たりで挑んだドキュメンタリー映画です。

フィンランドのヘルシンキ在住のペトリは彼女にフラれ、物で溢れ返った部屋にひとり残される。
ここには自分の求める幸せは無いと判断したペトリは、すべての所有物を倉庫へ預けリセットするという実験を行う。

4つのルールにしたがう

  1. 自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける
  2. 1日に1個だけ倉庫から持って来る
  3. 1年間、続ける
  4. 1年間、何も買わない

不必要なもので溢れていた

部屋に山のようにあった持ち物が消え、閑散とした部屋に一糸まとわぬ自分だけが残りました。
日本でも夏は全裸で過ごすという野性味あふれた人もいますが、北欧フィンランドで外は雪が降り積もるなか何も身につけずにいることは生命の危険も伴います。

そこでまずペトリが持ってきたものは、外気を遮断して体を保温するためのグレーのロングコートでした。
断捨離のようにじっくりと捨てる物を選んでいるような生ぬるい環境ではありません。

何もないゼロからのスタートなので、本当に必要なものを選ばざるを得ません。
これはある意味ショック療法ともいえる荒行です。
それから1日経過するごとに持ち物が1つずつ増えていき、それだけでも喜びが感じられたのです。

その過程で自分が生きるために本当に必要なものは意外に少ないことに気がつきます。
部屋の中に溢れかえっていたほとんどは、どうでもよいモノでした。

ペトリはこの実験を通してモノについて真剣に向き合った結果、モノの豊かさが自己の幸せには直結しないのだと結論づけました。

まとめ

フィンランドはもともとモノに対する3R(Reduce:減らす Reuse:繰り返し使う Recycle:再資源化する)の意識が強く、シンプルライフの先進国といえます。
自然が豊かで夏には自分で作ったサマーハウスでゆったりと過ごすことに価値を見いだしています。

サマーハウスには必要最低限のモノしかなく、多少不自由でもそれを楽しむくらいの意識が浸透しているのでしょう。
休日でもきっちりスケジュールが詰め込まれていないと不安な多くの日本人とは対局の過ごし方です。
自分の生き方を見つめ直すにはよい映画なので興味があればぜひ見てください。

映画『365日のシンプルライフ』オフィシャル・サイト


365日のシンプルライフ(字幕版)

スポンサーリンク

関連記事

髪の毛

シャンプー・石けん無しで四季を過ごして感じたことまとめ

不安だった夏を越してもうすぐ1年 私は昨年2013年の10月ごろからシャンプーによる洗髪や石け

記事を読む

無印良品 レッドシダーブロック 優しい木の香りで癒される天然の防虫剤

今年の春はぐっと冷え込む日が多くて衣替えするタイミングも難しいかと思いますが、ぼちぼちウールなど

記事を読む

Stardew Valley 牧場物語ライクな農場暮らしが楽しめるRPG

2016年2月27日にリリースされSteam売り上げ1位を記録するなど異例のヒット作とな

記事を読む

シャボン玉石けん 浴用 無添加石けん選びは結局ありふれたものに落ち着いた

湯シャンはいまだに継続中で特に問題なく過ごせていますが、体も極力洗わないようにしています。

記事を読む

電車やバスにも軽くて持ち運び可能な組み立て式ダンボール家具セット Room in a Box

via Indiegogo もし身のまわりにある家具がコンパクトに収納して持ち運べるサイズ

記事を読む

【TED】生きるのはラクだ、なぜ私たちは困難な方を目指すのか?

Jon Jandai(ジョン・ジャンダイ)さんはタイ北東部で農業を営んでいる普通の男性です。

記事を読む

子猫

日常生活からサバイバルにも役立つ、身近な万能アイテム8つ

身近なモノからそろえる サバイバルグッズは種類も多く、買い始めるとキリがありませんが、身近

記事を読む

アンチ・ブラックフライデー 過熱する年末商戦と反消費主義の出現

ブラックフライデーの思惑 ブラックフライデーといえばアメリカで毎年11月の第4木曜日に感謝

記事を読む

MUJI無印良品:Good enough Living つつましく、満ち足りたくらし シンプルな生活用品の数々

無印良品からシンプルライフやミニマリストを明確に意識したコンセプト動画が公開されました。 いか

記事を読む

物量を気にするよりも道具をアクティブな状態に保つことが大事

使わない道具はいざという時に使えない 道具が多すぎると手入れが行き届かず、いざ使いたい時に

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑