映画『365日のシンプルライフ』に学ぶ自己との向き合い方

公開日: 最終更新日:2014/09/23 [ 約2分で読めます ] シンプルライフ

365日のシンプルライフ

自分にとって本当に必要なものは何か

映画『365日のシンプルライフ』は監督・脚本・主演を務めたペトリ・ルーッカイネンがまさしく体当たりで挑んだドキュメンタリー映画です。

フィンランドのヘルシンキ在住のペトリは彼女にフラれ、物で溢れ返った部屋にひとり残される。
ここには自分の求める幸せは無いと判断したペトリは、すべての所有物を倉庫へ預けリセットするという実験を行う。

4つのルールにしたがう

  1. 自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける
  2. 1日に1個だけ倉庫から持って来る
  3. 1年間、続ける
  4. 1年間、何も買わない

不必要なもので溢れていた

部屋に山のようにあった持ち物が消え、閑散とした部屋に一糸まとわぬ自分だけが残りました。
日本でも夏は全裸で過ごすという野性味あふれた人もいますが、北欧フィンランドで外は雪が降り積もるなか何も身につけずにいることは生命の危険も伴います。

そこでまずペトリが持ってきたものは、外気を遮断して体を保温するためのグレーのロングコートでした。
断捨離のようにじっくりと捨てる物を選んでいるような生ぬるい環境ではありません。

何もないゼロからのスタートなので、本当に必要なものを選ばざるを得ません。
これはある意味ショック療法ともいえる荒行です。
それから1日経過するごとに持ち物が1つずつ増えていき、それだけでも喜びが感じられたのです。

その過程で自分が生きるために本当に必要なものは意外に少ないことに気がつきます。
部屋の中に溢れかえっていたほとんどは、どうでもよいモノでした。

ペトリはこの実験を通してモノについて真剣に向き合った結果、モノの豊かさが自己の幸せには直結しないのだと結論づけました。

まとめ

フィンランドはもともとモノに対する3R(Reduce:減らす Reuse:繰り返し使う Recycle:再資源化する)の意識が強く、シンプルライフの先進国といえます。
自然が豊かで夏には自分で作ったサマーハウスでゆったりと過ごすことに価値を見いだしています。

サマーハウスには必要最低限のモノしかなく、多少不自由でもそれを楽しむくらいの意識が浸透しているのでしょう。
休日でもきっちりスケジュールが詰め込まれていないと不安な多くの日本人とは対局の過ごし方です。
自分の生き方を見つめ直すにはよい映画なので興味があればぜひ見てください。

映画『365日のシンプルライフ』オフィシャル・サイト


365日のシンプルライフ(字幕版)

スポンサーリンク

関連記事

仕事を辞め8000ドルで買った中古キャンピングカーに乗り旅する男

via Yahoo! Homes 車内で過ごす一日 仕事を辞め旅に出た 車

記事を読む

千日回峰

比叡山廷暦寺の荒行、千日回峰行を通して生きる本質を知る

先日放送された鶴瓶の家族に乾杯「佐藤健 滋賀県大津市」で俳優の佐藤健さんがなにか道を極めた人

記事を読む

【映画】この世界の片隅に 戦時中の極貧生活やたくましく生きる人々の姿を描いた戦争アニメ

Photo by Makuake 漫画家こうの史代さんの原作『この世界の片隅に』が片渕須直

記事を読む

MUJI無印良品:Good enough Living つつましく、満ち足りたくらし シンプルな生活用品の数々

無印良品からシンプルライフやミニマリストを明確に意識したコンセプト動画が公開されました。 いか

記事を読む

出羽島プロジェクト お金のいらない島(国)でギフト経済は実現するのか?

Photo by とくしまグリーン・ツーリズム お金が支配する社会からの脱却 現代社会で

記事を読む

アラン・ワッツ 生誕100周年 タブーを解き明かし自分らしく生きるための哲学

Photo by @AlanWattsDaily Alan Watts(アラン・ワッツ)は

記事を読む

ミニクルーザーが生活圏のスマートな移動手段として普及してほしい

Photo by コンパクトに持ち運べる乗り物 自力で持ち運べる乗り物はせいぜい折りた

記事を読む

ショッピングカート

ネットでポチる衝動買いを防ぐための効果的な方法

シンプルライフを実践していてもAmazonや楽天で思わず購入ボタンをポチりたくなる衝動にから

記事を読む

ホームキャニング(自家製瓶詰め) おしゃれなガラス瓶で長期保存できる保存食を手作りする

Photo by marcs international 今でこそ冷蔵庫や高度な保存技術に

記事を読む

iHerb(アイハーブ)でオーガニックな自然食品やサプリを個人輸入すると止められなくなる

日本では知る人ぞ知るiHerb(アイハーブ)ですが、自然商品を販売するオンラインショップとしては

記事を読む

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑